Cuteな“にこりん&はぴりん”

“にこりん&はぴりん”

今日、昨年よりお付き合いさせていただいている会社の、新入社員?“にこりん&はぴりん”さんに初対面しました。
(左)が、金運を招く“はぴりん”
(右)が、人を招く“にこりん”  ......です。
見ているだけで、幸せを招いてくれそうなハッピーフェイス&佇まいがたまりません。(So Cute!)
入社後は、ご利益にあやかろうと会社を訪れる人がいるらしく、お賽銭箱が置かれるようになったとのこと。
私も、しっかりお願いごとをしてきました。
(さっそくのご利益か?...ケータリングのお弁当のおかずが一品多かったりして。)

最近は、海外でも見られるようになった日本の招き猫。
偶然立ち寄った、カウアイ島のシェイブアイスのお店(車)にも飾られていて...売り切れるほど人気がありました。
日本とアメリカでは人を呼ぶ時のしぐさが違うため、手招きする手のひらの向きも異なっていますが、招き猫は、今や日本を代表するチャーム(お守り)といってもいいかもしれませんね。

かわいくて小っちゃな“ミニ招き猫”が欲しい!と、探し始めているところです。
ビビッとひらめきのある、招き猫との出合いがありますように。

2008.01.22 19:01 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(0) |

コーヒーの花のはちみつ

ブロッサムハニー
今日は、最近ファンになったパン屋さん「コウボパン小さじいち」のパンに、カウアイ島で買った“コーヒーの花のはちみつ”&マーガリンをつけての朝食でした。
写真のパンは、『もちきびとひえのプチカンパーニュ』。
他に、同じように自家製天然酵母(果実酵母)で作られた『おやきマフィン』も食べてみました。おいしい食べ方として、はちみつ&バターで...と紹介されていたので、「カウアイ・コーヒー・カンパニー」のBlossomHoneyをつけてみることに。
コクがある“コーヒーの花のはちみつ”&マーガリンが、プチカンパーニュの素朴な生地に溶け込んで...マフィン以上に相性がGood!でした。

カウアイ・コーヒー・カンパニー カウアイコーヒー&ブロッサムハニー
「カウアイ・コーヒー・カンパニー」は、カウアイ島南部“カラヘオ”というところにあります。
写真のビジターセンターでは、無料でコーヒーの試飲ができ、好みのコーヒーを買うことができます。めずらしいので、コーヒーのBlossomHoney(8OZ.=226.7g)も買って帰りました。
コーヒーといえば、ハワイ島のコナコーヒーが有名ですが、収穫量はカウアイ島の方が多いとのこと。カウアイ島に行くまで知りませんでした。
カウアイ島には、あじのある場所やナイスなスポット、おいしいものetc...。
そして何より、日本人遭遇率が低いというのも、好きになった理由のひとつです。
カウアイ・コーヒー・カンパニー

2008.01.20 21:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

気になるMacBook Air

Apple Tシャツ(フロント) Apple Tシャツ(バック)
厚さ4mm!という驚きの“MacBook Air(マックブックエア)”が発売されたとのニュースを見ました。A4の封筒に入ってしまうほど超薄で、とってもCool!なPCでした。
シェア&ニーズから、MyPC(デスクトップ、ノート)は2台ともWindowsですが、おしゃれ感が高いMacはかなり気になるところ。Mac専用にデザインされたアクセサリもかっこいいし。
ニューPC“Olive”にと考えていた、AppleStoreにあるイタリア“TUCANO”のPCケースは、MacBook専用に作られたもので、サイズが合わず断念。
以前から気に入っていたもので、ノートを買ったあかつきには...と考えていたので、とっても残念でした。が、こればかりは仕方ないし。
Oliveの厚さは4cm位。つい最近、試しに“HP”のノート=同サイズ(15.4インチ、ワイド)が入るインナーケースにトライしたものの、まさかの×でした。
メーカー専用のものを買えばよいのでしょうが、これだっ!と思うものに出合えるまで、気長に探そうと思っています。
Macといえば...昨年、大阪心斎橋のAppleStoreに行った時に、偶然イベントをやっていて。ラッキーにも、淡い水色のTシャツ(非売品)をGetしました。
スタッフが着ていたTシャツとは微妙にデザインが異なりますが、同じようにフロント&バックにプリントが施されています。(すでに何回も着たものなので、ちょっとくたびれているかな。)
気になる“MacBook Air”の実物を見に、またショップに出かけたいと思います。

2008.01.16 21:57 | パソコン | トラックバック(0) | コメント(1) |

美味しいものさがし

ベーカリーに並ぶ おいしそ~なパンを前にすると、嬉しさの余り“くるくる”回ってしまうほどパン好きの私。
友人おすすめのパン屋さんのことが気になっていたところ、百貨店の催しに初出店すると知って、さっそく買いに行ってきました。
どうせなら(?)と、2店の百貨店をはしごして、他の美味しいものも仕入れてきました。

コウボパン 小さじいち
まずは、第一目的!「コウボパン 小さじいち」のパン。
レーズン、ライ麦、お米などから酵母をおこし、国産小麦やオーガニックのドライフルーツ、自然の塩&砂糖を使用してのパン作りは、酵母をおこすのに1週間くらい、生地をこねてから15時間くらいかけるとのこと。
ゆっくり&じっくり、自然の発酵時間に合わせ、自然の力だけでパンを発酵させて作っているから、もちもちっとしていて、旨みがじわ~っと広がります。

<購入したパン(3種)> パンには、それぞれ産地表示がしてあります。
自家製天然酵母の山食パン』(500円)...福島県産小麦粉、自家製天然酵母(果実酵母)、種子島産粗糖、よつ葉バター、モンゴル岩塩
☆常備したいくらいおいしい!!パン本来の味が一番楽しめるので、パン好きはぜひ!

種なしサルタナレーズンの山食パン』(600円)...福島県産小麦粉、自家製天然酵母(果実酵母)、オーガニックサルタナレーズン、種子島産粗糖、よつ葉バター、モンゴル岩塩
☆サルタナレーズンのやさしい甘みが○。プレーンの山食パンと日替わりで食べたい。

野ぶどうと胡桃のパン』(300円)...岩手県産小麦粉、自家製天然酵母(果実酵母)、種子島産粗糖、カレンズ(野ぶどう)、スキムミルク、モンゴル岩塩、よつ葉バター、くるみ
☆山食パンより歯ごたえあり。スティックタイプなので、おやつ感覚で。

お店のパンフも、パン同様、手作り感あふれる素朴なもの。
“一緒に過ごした時を忘れ 今日は旅立って行くのです どうかおいしく 食べてもらえますように 祈りをこめて・・・”などと、やさしい言葉が書かれています。
さりげないけれど、こういうところ、大好きです。

【コウボパン 小さじいち】
鳥取県西伯郡伯耆町、TEL&FAX/0859-68-6110(OPEN:水~土曜日、11~16時頃)
「大山」の自然の恵みあふれる店舗に直接足が運べない人のために、地方発送もしてくれるようです。

神戸ピッコロの“ミニ鯛焼き”
次は、神戸元町「神戸ピッコロ」のミニ鯛焼き。
催しものでやってくると、結構買って食べています。
小豆雑煮を食べる割には、実は粒あんが苦手な私。(鯛焼きも、どちらかというと生地の方が好き。)ということで、本当の鯛焼き?は何年も食べていなかったりします。
ピッコロのミニ鯛焼き(体長5cmくらい)は、そのかわいさから、ついつい買ってしまいます。
カスタードが一番好きですが、今回は、チョコ・カフェオレ・マロンに加え、あんの入ったまんまるいボールのようなもの(直径3cmくらい)も買ってみました。
個人的には、ミニ鯛焼きの方が好きです。
価格は、17個で525円、24個で735円。(組み合わせ自由)
袋を一緒にしてしまうと、目的の味にたどり着くまで食べ続けなければならないのが難点?です。

神戸モンブランの“しっとり生ロール”
最後は、日替わり奉仕品から、同じく神戸にある「モンブラン」の『しっとり生ロール』。
第一印象...デカイっ! 下のトレイ(10×20cm)よりやや小さいですが、これで1,050円ならお得じゃない!っていうくらい、ボリュームがあります。
味は...最初少し甘いかなと思いつつも、食べ進んでいくと、結構食べられてしまうから不思議。たぶん第一印象の甘さは、上にかかっている粉砂糖の甘みなのかな。
このお店は、その名の通り、“モンブラン”が有名のようなので、チャンスがあったらそちらも食べてみたいと思います。

各地の美味しいものが一度に食べられるから、デパートの“美味しいものさがし”は やめられません。

2008.01.11 21:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

日々旅にして...

システム手帳(2008年)

旅の写真を載せた年賀状に対し、恩師からいただいた賀状に、松尾芭蕉の『おくのほそ道』の一節がありました。
日々旅にして旅を栖(すみか)とす

この短い言葉が心に響き、あらためて、松尾芭蕉が綴った『おくのほそ道』の冒頭を読んでみました。

~月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
舟の上に生涯をうかべ、馬の口をとらへて老いをむかふる物は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。
古人も多く旅に死せるあり。
予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂白の思ひやまず。
去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。~

...月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。
船頭として船の上に生涯を浮かべ、馬子として馬の轡(くつわ)を引いて老いを迎える者は、毎日旅をして旅を住処としているようなものである。
古人の中には、旅の途中で命を無くした人が多くいる。
私もいくつになったころからか、ちぎれ雲が風に身をまかせ漂っているのを見ると、漂泊の思いを止めることができず、海ぎわの地をさすらい、
去年の秋は、隅田川のほとりのあばら屋に帰って蜘の古巣を払い暫く落ち着いていたが、しだいに年も暮れて、春になり霞がかる空を眺めながら、ふと白河の関を越えてみようかなどと思うと、さっそく“そぞろ神”がのりうつって心を乱し、おまけに“道祖神”の手招きにあっては、取るものも手につかない有様である。...

“そぞろ神”や“道祖神”に誘われ、取るものも手につかないほど旅に出たくなる...まさに私の心境をうたったような。
学生時代にはあまり興味がなく、理解しがたかった古典の世界観。
奥深く、今、とても心に沁みてきます。

人生という旅の道半ば。
新しい年、どのような道のりが待っているのでしょう。
年頭にふさわしい、素敵な言葉をいただきました。

2008.01.08 16:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

初滑り

寒波到来後、天候の回復を待って、初滑りに行ってきました。
今日は心地よい筋肉痛です。

スキー01  スキー02
スキー場に到着すると、待っていたのは眩しいくらいの青空!
自然と笑みがこぼれます。

静寂の中、純白に包まれた広大な自然に抱かれていると、歓びと共に、感動のあまり涙が込み上げてきます。
辛いこと、いやなこと...日常のストレスを忘れさせてさせてくれる “マナ(mana=supernatural power)”があることを感じる瞬間です。

スキー03
積雪は思った以上。こんなたっぷりの雪を滑るのは、ほんと久しぶり。懐かしい感触が蘇ってきます。
そういえば、最近、整備されたゲレンデでばかり滑っていたなぁ...。

午後から雪が緩むと思いきや...天気が崩れてきたこともあり、逆に雪が締まってスピードが出るようになってきました。
夕方、霧で視界が悪くなってきた頃には、すっかり体力も低下して“へなちょこ”スキーになっていたような...。(日頃の運動不足を実感!)

今度はもっと、体の隅々まで使って、スキーを楽しみたいものです。

2008.01.04 15:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |

A Happy New Year 2008

フレシネ・コルドン・ネグロ/スペイン
年越しを祝うワインは、昨年同様、大好きな Freixenet Cordon Negro CAVA Brut/SPAIN(フレシネ・コルドン・ネグロ/スペイン)をチョイスしました。
アルコール度数は11.5%。
炭酸と甘味のバランスがとてもよく、フルーティーで辛口なCAVA(スペインの発泡性ワイン)。
“泡もの”ということで、ちょっとしたお祝いごとの時によくいただく、お気に入りのワインです。

お雑煮
2007年の元旦は、お雑煮ではなく、ゲレ食のカレーでスタートしました。
今シーズンは雪が遅く、スキー場ではなく、自宅でのんびり...旅番組(懐かしのバンクーバー)を見ながら、お雑煮をいただきました。
我が家は、すまし仕立て&小豆という2種類のお雑煮を一緒に作って食べています。
主食&デザート?という感じでしょうか...。

遅ればせながらの寒波で、窓の外は雪。
ベストコンディションの時を狙って、山に行こうと思っています。

2008.01.01 16:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |