ル・コルビュジエ

広島県立美術館 ポストカード(ル・コルビュジエ)





先日、『~世界遺産への歩み~20世紀モダニズム建築の巨匠 ル・コルビュジエ 光の遺産』展を観ました。
アーケードに掲げられた大きな広告が目に留まり(“モダニズム”の言葉に反応して)、急遽行ってみることに。
“ル・コルビュジエ”は、フランスを拠点に活動した建築家(1887-1965)です。
屋上庭園、水平の連続する窓、自由な壁面と床面による空間など...その独創性から、20世紀の建築に大きな影響を与えたと言われています。
今年、彼の設計した22件の建築物が一括して世界遺産として申請されたのこと。
これを機に、展覧会では、その特徴的な光の扱い方に焦点をあてて、改めてル・コルビュジエの建築と芸術の魅力を振り返ろうというもの。
彼の絵画や彫刻をはじめ、彼自身が撮影した初公開の写真、建築模型、設計図に加え、建築内部を紹介した映像なども用意されています。
展覧会を訪れていたのは、建築家や建築家の卵と思しき人たち。
皆それぞれ、熱心に見入っていました。
私はと言えば、建築模型の周りを何度もぐるぐる。上から横から、腰をかがめて内部をのぞいたり...。
独創的なデザインの根底にある綿密な設計に、素人ながら感動&感心し、偉大なる建築家の所以を知ったよう。
彼の建築に影響を及ぼした、半年にわたる“旅”のスナップを見て、外の世界を見ることの重要性も感じました。
自分自身、これからも、旅に出て、いろいろなことを吸収し、大きくなっていけたらいいなと。
旅で受ける刺激や感動が与えるものは多大であるということを、改めて感じた展覧会でした。

『~世界遺産への歩み~20世紀モダニズム建築の巨匠 ル・コルビュジエ 光の遺産』
2008.8/1-9/18 広島県立美術館

2008.08.31 09:09 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(0) |

今年の夏

北京の熱い夏と共に、多忙な夏がやってきました。
恒例の、夏の終わりのキャンプ&トレッキング...今年はお預けになりそうです。
久々にOlive(ノートPC)を使い込んだら、度々シャットダウンするように。
私と同じで、オーバーワーク気味なのかもしれません。修理に出さないといけないかな?

ポストカード(葉祥明)


そんな中、ちょっと安らぎを求めて、絵本作家・画家・詩人である葉祥明(YOH SHOMEI)さんの作品を観てきました。

以前、グリーンのMOTTAINAI(もったいない)Tシャツ<第2弾>“MOTTAINAI×ジェイク(葉祥明)”を購入してから、一度作品をこの目で観てみたいと思っていました。
シンプルな作風のベースになっている確かなデッサン力、人生の指南役のような心に響く言葉の数々...。
温かな作品と、“言霊”と、西村由紀江さんのピアノの音色に心癒され、穏やかな時間を過ごすことができました。
壁にぶつかった時に、パワーとエネルギーをもらいたい作家です。
“人生はどう生きるべきかではなく、どう生きたいか”そんなフレーズも心に残っています。

ハーディーズ・スタンプ・オブ・オーストラリア ラ・ゴンドラ・ピノグリージョ



夜のお楽しみは、相変わらず“泡もの”。
最近いただいたのは、この2本。

写真左:
ハーディーズ スタンプ オブ オーストラリア シャルドネ・ピノノワール/オーストラリア
(HARDYS STAMP of AUSTRALIA CHARDONNAY・PINOT NOIR/AUSTRALIA )

アルコール度数...12%
ちょっと辛口で、すっきりした喉越しの、オーストラリア産スパークリングワインです。

写真右:
ラ・ゴンドラ ピノグリージョ ヴィノ フリッツァンテ/イタリア
(LA GONDOLA PINOT GRIGIO FRIZZANTE/ITALIA)

アルコール度数...11.5%
林檎やメロン、ハニーのアロマを感じ、すっきりとした喉越しのイタリア・ヴェネト産の微発泡性ワインです。

残暑厳しい今年の夏。何とか、疲れを出さず、乗り切りたいものです。

2008.08.17 10:12 | ワイン | トラックバック(0) | コメント(1) |

心と体に優しいお店『苑(えん)』

苑01 苑02 苑03





米子自動車道インターチェンジから車で5分ほどのところにある『苑(えん)』というお店で、数年ぶりに知人&ご家族に再会しました。
脱メタボ!のNやん(愛称)の希望は和食。
いろいろ情報収集を行って、再会の場所に選んだのは、無農薬野菜を使った、体に優しいお料理を出してくださるお店。
古民家のような素敵な佇まいに、入る前からちょっとわくわく。

苑04 苑05 苑06

柱時計に足踏みのミシン...。



苑07苑08 苑09





店内には、アンティークなものがたくさんあって、いちいち感動しまくり。

苑10 苑11





12食限定のランチは、1,200円とは思えぬ品数。
豚の角煮、かぼちゃのサラダ、煮物、ごま豆腐、だし巻き卵、黒豆...どれもこれも、手間暇かかっている(愛情たっぷり!の)お料理です。

食の安全や自給率低下が問題になっている今、これぞ原点、これぞ真の贅沢...と、そんなことも感じました。
“打ち水”が“UTHIMIZU”として世界発信されているように、見直すべき“和の心”がまだまだありそう。

外の暑さも和らげてくれる店内は、ついつい長居したくなるほど落ち着く空間。
懐かしき知人と、昔話に花が咲きました。

お店のカードに、こんな言葉が...
「苑  和の心に浸るくつろぎの時.そんなあなたの椅子がここに有ります.」

2008.08.07 17:46 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(2) |

ピエールマルコリーニのエコバッグSMALL

ピエールマルコリーニのエコバッグSMALL





ピエールマルコリーニのエコバッグに“スモールサイズ”が出ているのを知り、購入しました。
2008年4月より、カラーがデビュー時の黒色から新色の茶色へチェンジし、ちょっとやわらかい印象になっています。
(小)【サイズ】H24cm×W21cm×D10cm 【価格】1,260円

以前購入した(大)サイズ同様、生地は丈夫なキャンバス地。底には、同じくキャンバス地で包まれた中敷きが付いていて、安定感があります。

(大)【サイズ】H33cm×W28cm×D14cm 【価格】1,470円
昨年11月に購入した時の価格は1,365円。その頃より、ちょっと値上がりしています。

四季折々に登場するスウィーツが楽しみなピエールマルコリーニ。
2008年夏のシーズンメニューは...
☆マルコリーニ マンゴー パフェ 1,365円
☆エクレア「ライム」フレーバー
  4本セット(チョコレート・キャラメル・バニラ・ライム)2,520円
  2本セット(チョコレート・ライム)1,260円
☆ホワイト ピーチ ソルベ シングル630円/ダブル945円
何れも、6月1日~8月31日の期間限定商品です。

エコバッグをはじめ、美味しいスウィーツの情報は、Pierre Marcolini のWEBサイトで。
http://www.pierremarcolini.jp/

2008.08.02 08:03 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |