モンシュシュ季節ロール“ストロベリーティーロール”

最近、苺の美味しさに“春”を感じています。今では一年中あるものだけど、食べた途端「美味しいね~」と思わず口にすることが多くなりました。
旬ということもあって、価格が安く、気軽にいただけるのが嬉しいですね。

モンシュシュ季節ロール“ストロベリーティーロール” 01 モンシュシュ季節ロール“ストロベリーティーロール” 02
「堂島ロール」でおなじみモンシュシュに、苺が入った「プリンセスロール」というのがありますが、この春、季節ロールとして“ストロベリーティーロール”というのが発売されています。

堂島シャンティ・カスタード・苺を、品のいい紅茶生地で優しく包み込んだ“ストロベリーティーロール”は、とっても美味しくておすすめ!
産地はわかりませんが、使用されている苺がクリームに負けないくらい甘くて。紅茶生地&クリーム&苺のバランスが、いい感じです。
“ストロベリーティーロール”の販売期間は、4/1~4/30まで。(取り扱いのない店舗もあり)
紅茶大好きな私としては、4月だけといわず継続販売して欲しい気もしますが...苺の美味しい季節ならでのテイストを大事にするならば、この季節限定がよいのかなとも思います。

2011.04.17 12:45 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

ふるさとからの声/成底ゆう子

東北地方太平洋沖地震で被災された方のことを思うとき、日々普通の生活ができることへの感謝とともに、日々普通に暮らしていることを申し訳ないと感じています。
海から、そして原発からの距離を考えると、決して他人事ではなく...夫と、いろいろなことを話しています。
震災が起こった直後は、マヤ暦の予言が頭を過ぎりました。人間の小ささ・無力さを感じながらも、日本そして世界に広がる支援の輪に、人のやさしさを感じ心あたたかくなります。

ふるさとからの声/成底ゆう子
春とはいえ、どうしてもナーバスになってしまいがち。つい先日、FMラジオから流れてきた歌声に、思わず涙してしまいました。
沖縄・石垣島出身のアーティスト成底ゆう子(Yuhko Narisoko)さんの「ふるさとからの声」(2010/11/10 キングレコード)。沖縄の人が放つ“癒し”と、詩に打ちのめされました。
頑張って気を張って生きている時、思いっきり泣いてもいいんだよ、弱さを見せてもいいんだよって、やさしく包んで受けとめてくれるような。
4曲入りのマキシシングルには、“ふるさとからの声” “この地球(HOSHI)に生まれて” “里景色”など、今 より一層心に響く曲が入っています。

皆いっぱい頑張っているから、頑張ろうって言葉は使わないことにします。

「日本の主要空港における渡航制限がないことを確認しています」との米国航空会社からのメルマガに、外国人観光客で溢れていた大阪・心斎橋から賑わいが少し消えている様子に...復興への長い道のりにおいて、過剰な自粛はやめて普通に過ごすことも、私にできる支援の一つかなと、そんなことも思い始めています。

2011.04.05 22:54 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(-) |

| ホーム |