レスポ “Native Argyle(ネイティブアーガイル)”

LeSportsac(レスポートサック)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”01 LeSportsac(レスポートサック)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”02
2014年8月13日(水)、LeSportsac(レスポートサック)から、気になるネーミングのアイテムが登場しました。
その名も『Native Argyle(ネイティブアーガイル)』。
民族の織物風にアーガイルとチマヨ柄を掛け合わせたデザインで、ニューメキシコ州サンタフェの素焼きテラコッタ(赤土焼)からインスパイアされたカラーリングがおしゃれ!です。

我が家が“Santa Fe(サンタフェ)”に旅したのは、2001年1月のこと。当時英会話を習っていたニューメキシコ州出身の先生の影響もあって、無料航空券を使ってコロラド州ベイルでスキーをした後、サンタフェを訪れました。
ギャラリーや洗練されたレストラン、個性的なショップが立ち並ぶ“サンタフェ”は、まさにアートの街。
日干し煉瓦作りの建物をうまく利用し、決してイメージを壊すことなくデコレイトされた街並みは、トラディショナルであるにもかかわらず、モダン。抜けるような青空と大地を思わせるアドービの見事なコントラスト、のんびりとした時の流れ。スペイン、メキシコ、アメリカという3つの異文化がうまくMIXされた独特な雰囲気が漂う、とってもとってもステキな街でした。
景観が規制されているサンタフェでは、STARBUCKS(スターバックス)も街並みにしっかり溶け込んでいて。壁を彩るのは、アートの街サンタフェならではの個性的な作品の数々。景観が素晴らしいセドナのスタバと共に、もう一度訪れたいスタバの一つです。

Chimayo(チマヨ)&メディスン・ホイール
我が家では、今でもサンタフェで買ってきた“Chimayo(チマヨ)”柄の織物を壁に飾っています。そして、ラグもサンタフェで購入したもの。
...という経緯もあり、“サンタフェ”“ネイティブ”と聞くと、心くすぐられる私。今回発売された『Native Argyle(ネイティブアーガイル)』は、『Arizona Dream(アリゾナ ドリーム)』以来、ちょっとハマりそうな気配です。

レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”01 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”02 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”03 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”04
購入したのは...
☆CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”
【サイズ】(約)30×43×18cm、 ショルダー長さ:(約)54cm
【色番】D417 ネイティブアーガイル
【型番】8017 CARRYALL TOTE
【仕様】メイン開閉部:ファスナー
表面:ファスナー付ポケット×1
裏面(内部):ファスナー付ポケット×1、ポケット×3

レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”05 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”06
本当は「MOLLY(モリー)」がよかったのですが、近頃作られなくなってしまい。。。(残念!)初の「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」です。
「MOLLY(モリー)」同様、百均で買ったクリアなカッティングシートで、さっそく底敷きを作りました。

他にも気になる形が幾つかあるものの...7月30日(水)から、原材料の高騰および為替変動を理由に価格改定されたLeSportsac(レスポートサック)は、残念ながら高嶺の花になりつつあります。

2014.08.16 23:16 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

Omotesando+kiriko エアージャケット☆Apple Store 表参道オープン記念デザイン

Apple Online Storeをチェックしていたら、日本全国のApple Storeの街並みを「切子」の技法でデザインした「kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s」“各店舗ヴァージョン”が発売されていてビックリ。

Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)01 Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)02 Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)03 Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)04 Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)05 Omotesando+kiriko エアージャケット(Apple Store 表参道オープン記念デザイン)06
実は、2014年6月13日、日本で8番目となるApple直営店が東京・表参道にオープンした際に登場した『Omotesando+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s』をGetしていて。
各店舗のエアージャケットを発売するという展開も全く考えなくはなかったけれど...すっかりそんなことも忘れていました。

今回発売されたのは...
☆Sapporo+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Nagoya+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Ginza+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Shinsaibashi+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Shibuya+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Fukuoka+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Sendai+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s
☆Omotesando+kiriko エアージャケット for iPhone 5/5s

日本の伝統工芸である「切子」の技法を応用し、エアージャケットにApple Storeのある八カ所(札幌、名古屋栄、銀座、心斎橋、渋谷、福岡天神、仙台一番町、表参道)の街並みをデザインしたオリジナルデザインケース。
ケースの背面は地図になっていて、Appleのロゴがお店の場所になります。

何気に また“表参道”ヴァージョンもあるじゃない!って、ちょっと複雑な思いでチェックしていたら...オープン時に発売された記念のエアージャケットとはデザインが違う。。。(地図が斜めのレイアウトに変更になっているよう。)そして、何より“グリーン”がなくなってるし。
今回は、ブラック・ブルー・レッドの3色展開となっています。

軽くて薄い 日本製であること、スピーカーの穴まで丁寧に抜き iPhone 5/5sの側面を極限までカバーしているという点、そして価格¥3,800 (税別) は変わりありません。

プルメリア柄のハワイ限定エアジャケット(iPhone 3GS)
Apple Japanが日本のApple Store限定で発売したエアージャケットですが、今後海外でも このような展開を広げていってくれると嬉しいな。

iPhone 3GS時代、ワイキキ(ホノルル)のアップルストアで購入した、プルメリア柄のハワイ限定エアジャケットは、今でも大切にキープしてある、My Favorite!です。
その土地を思い起こさせてくれるデザインって、見ているだけでプチHappyな気持ちになれるから好きです。

2014.08.04 13:05 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

| ホーム |