続【ハワイ番外編】Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)、Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)、L'OCCITANE(ロクシタン)

日々進化するハワイ。
新しくできたもの、ハワイ限定品etc...今年ハワイの旅で見つけたものをご紹介します。

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 01 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 02
世界最大級のオープンエアのショッピングセンターとして名高いアラモアナS.C.。その西側に位置するエヴァウィングに、 2015年11月12日(木)、「Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)」のハワイ店がオープンしました。

ハワイの自然や人々、そこに流れる時間の素晴らしさについての話を耳にするうちに、マルコリーニは、そこで過ごす人たちに、自分のチョコレートを食べてもらいたいと感じるようになったと言います。

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 03
店内には、リゾートに似合いそうな麻?で出来たトートバッグをはじめ、ハワイの海の恵みに感謝してつくりあげた『マリーン ライフ コレクション』や、ハワイで人気のショートブレッドをクーベルチュールでコーティングした『ペイストリー ショート ブレッド』など、マルコリーニが特別に手がけた、ハワイでしか出合えない限定アイテムetc...が並んでいます。

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 04 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 05
☆マリーン ライフ チョコレート...ハワイをイメージして特別に手掛けられた、ハワイ限定のチョコレート。イルカやヒトデなどのモチーフを使い、キャラメル、プラリネ、フルーツピューレ、コーヒーなどとダークやミルク チョコレートなどがバランスよく組み合わされたアソートです。
【価格】7ピース:$23 、11ピース:$35(何れもTAX別)

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 06 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 07
☆ペイストリー ショート ブレッド...ハワイで作られる限定アイテム。ショートブレッドにオリジナルチョコレート(ダーク、ミルク、ホワイト)をかけて仕上げてあります。
【価格】3ピース:$8.50 、9ピース:$25(何れもTAX別)

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 08 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 09 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 10
ハワイ島創業の老舗クッキーブランド「ビッグアイランド・キャンディーズ」が大のお気に入りの我が家。中でも、バターとマカデミア・ナッツがたっぷり入ったリッチな味わいのショ-トブレッド・クッキーをチョコレートコーティングしたものをよく買って帰ります。
マルコリーニのショ-トブレッド・クッキーはどうかな?と気になり、3ピース(3種類入り)を買ってみました。

いただいた感想は…サックサクであっさり系の生地に、さすがマルコリーニ!のチョコレート。違いがわかる女子へのお土産にしたいクッキーです。次回ハワイに行ったらまた買おう!

その他、ベーシックなサブレをオリジナルチョコレートにディップして作られる、力強いチョコレートの味わいが楽しめるハワイ限定アイテム『ペイストリー サブレ』や、チョコレートの美味しさはそのままにキンとした冷たさが新しいドリンク-ハワイ限定のパイナップルテイスト『フローズン ショコランブル ホワイトチョコレート&パイナップル』などもあります。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 01
2015年11月12日(木)、同じくアラモアナS.C.のエヴァウィングに、NY発の高級デパート「Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)」がオープンしました。

新婚旅行先であり、その後も一時お正月にハマって出かけていた、思い出の地ニューヨーク。友人からのリクエストで、オリジナルアイテムを探して、ニューヨークのデパート~Bergdorf Goodman(バーグドルフ・グッドマン)、Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)、Saks Fifth Avenue(サックス・フィフス・アベニュー)、Henri Bendel(ヘンリ・ベンデル)、Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)、Macy's(メーシーズ)~を行脚したものです。

その中の一つ「Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)」がハワイに上陸したという情報を聞き、絶対行こう!と決めていました。
ブルーミングデールズの入り口は、アラモアナセンターのモールレベル2Fにあります。

滞在中、ちょうど、JCBカードを使うと15%OFFになるキャンペーンをしていたので、まずは「優待チラシ」を持って、ウェルカムセンター(1F)へ。

<ブルーミングデールズ×JCB キャンペーン>
●キャンペーン対象店舗:アラモアナセンター店
●キャンペーン期間:2016年4月1日(金)~6月30日(木)
●15%OFFの「優待チラシ」とJCBカードをブルーミングデールズ1Fウェルカムセンターに提示→15%OFFになるセービングカードがもらえます。
●15%OFF「優待チラシ」はJCB空港デスク、JCBプラザ ラウンジ・ホノルルにて配布。

Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 02 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 03
ついでに、ウェルカムセンターで、ハワイだけでなくアメリカで利用できるインターナショナルクラブカード(無料)も発行してもらい、記念品のトートバッグ(2016干支デザイン)をいただきました。インターナショナルクラブカードは、ショッピング金額$1で1ポイント付与され、500ポイント貯まると、その場で$25のギフト券をもらうことが出来ます。

Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 04 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 05 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 06 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 07
Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)でのお目当ては、オリジナルのロゴアイテム。
トートバッグ、ノートブック、マグカップ、スーツケースタグ、ポーチetc...デザインもいろいろあって、どれを買おうか迷う迷う。

トートは、NY定番ものは勿論、珍しいものでは2016年の干支である申モチーフもありました。

Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 08 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 09 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 10 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 11 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 12 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 13 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 14 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 15
せっかくなので、ハワイ限定の“little brown bag(リトルブラウンバッグ)”(2種)をGet!

☆little brown bag(リトルブラウンバッグ)
【サイズ】(高さ)約 22cm×(幅)約 19.5cm×(マチ)約 11cm
【素材】PVC
【生産国】USA

【価格】フローラル柄:$26 、ヤシリーフ柄:$24(何れもTAX別)

バッグの横には「bloomingdale's」「ALA MOANA CENTER」とプリントされています。
華やかな花柄と、ブラック&グレーカラーがシックなリーフ柄。洋服やその日の気分で使い分けしよう♪

Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 16 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 17 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 18
スーツケース用に、ネームタグ“little black tag(リトルブラックタグ)”と“little pink tag(リトルピンクタグ)”(2種)もGetしました。

☆little black tag(リトルブラックタグ)
☆little pink tag(リトルピンクタグ)
【サイズ】(高さ)約 11cm×(幅)約 7.5cm
【素材】PVC

【価格】$10(TAX別)

Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 19 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 20 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 21 Bloomingdale's(ブルーミングデールズ)ハワイ 22 Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)ハワイ 23
☆マグカップ(2種)
【サイズ】(直径)約 7.5cm×(高さ)約 9.5cm
【生産国】中国
※電子レンジ、食器洗い乾燥機 使用可

【価格】$10(TAX別)

マグは普通にニュヨークデザイン。どちらかというと、ニューヨークのシンボル的なアイコンが小さく散りばめられたマグが好みです。

ハワイで感じるニューヨーク。キャンペーンのおかげで、お得に手に入れられラッキーでした。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

ロイヤル・ハワイアン・センターにあるロクシタンでは、ハワイ限定のトートバッグを。

MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 01 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 02
☆MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン) ハワイ限定 トートバッグ
【サイズ】(高さ)約 39cm×(幅)約 35cm
【素材】綿100%
【生産国】USA(ブルックリン,NY)

【価格】$15(TAX別)

MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 03 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 04 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 05 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 06 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 07
片面には、ハワイ各島にあるロクシタンの位置がMAPの中に描かれています。パイナップルやフラガール、ビキニetc...ハワイなイラストがCute。
もう片面には、プロヴァンス(フランス)のMAPと植物のイラストが描かれています。
お土産にGoodなトートです。

MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 08 MAPTOTE(マップトート)×L'OCCITANE(ロクシタン)ハワイ 09
ちなみに、MAPTOTE(マップトート)の始まりは2006年。ニューヨーク州ブルックリンに住む、スタイリストのRachel Rheingold(レイチェル・ラインゴールド)と地図製作者のMichael Berick(マイケル・ベリック)のカップルがドイツを旅行中に食料雑貨店で見つけたコットンバッグをお土産にしたところ、友人たちに大変喜ばれたのをきっかけに、自身の住む街“ブルックリン”のバッグが欲しいと考え、「MAPTOTE(マップトート)」を立ち上げました。
MAPTOTEの特徴はブルックリンだけでなく、ニューヨーク、マンハッタン、パリ、東京など彼らが住んだ街や訪れた国の名所を、マイケルが手描きで描くユニークなイラスト&地図のデザイン。素材には環境にやさしいアメリカ産「オーガニックコットン100%」の生地を使い、自身が住む街ニューヨーク・ブルックリンでプリント・縫製をすべて行う「made in the USA」にこだわって製造されています。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
これからのハワイ♪

インターナショナルマーケットプレイス(工事中)
今年、インターナショナルマーケットプレイスが生まれ変わってオープンします。どうも「Saks Fifth Avenue(サックス・フィフス・アベニュー)」ができるもよう。工事が着々と進められていました。

そして、数年後には、オアフ島にモノレールも開業予定です。(楽しみ~)

以前の我が家のワイキキでの夜の楽しみは、映画館での映画鑑賞でした。キアヌ・リーブスの「SPEED」やニコラス・ケイジ&ジョン・トラボルタの「FACE OFF」、ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズの「MEN IN BLACK」...日本でヒットする前に、ハワイで偶然出合った映画たちです。
その映画館は今はもう無くなってしまったけれど、ショッピングだけではない、贅沢な夜のワイキキの過ごし方。アメリカを感じられるひとときでもありました。今となっては、懐かしいハワイの思い出の一ページです。

時代の流れとともに変化していくハワイを、これからも見守っていけたら...と思っています。

2016.05.30 23:23 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-) |

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」

ハワイから帰国後、爽やかな初夏の陽気に助けられ、日々、気分よく過ごせています。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 01 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 02
昨日は、渡ハ前に申し込んでいた、スターバックスの季節限定コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」を受講してきました。
今回も、コーヒー大好き!な夫と一緒。二度目のコーヒーセミナーです。

Welcome drinkは、「カフェ ベロナ」。
参加者は全部で7名。(夫以外は全て女性) 前回のセミナーでご一緒した女性二人もいらっしゃってました。
まずは、アイスコーヒーに持つイメージと簡単な自己紹介から。
暑い日が続いているせいか、はたまた“ストロベリー ディライト フラペチーノ”の人気からか、朝から店内は混みこみ。ちょっと人目を気にしながら、セミナーがスタートしました。

【おいしいいれ方 アイスコーヒー編】 2時間 ¥3,000(税抜) ※ビーンズカードの押印対象
アイスコーヒーの比較テイスティングや、おいしくいれるためのポイントである「急冷」を、実際にコーヒーをいれながら体験します。また、フードやスイーツと風味を合わせたフードペアリンクも楽しめます。

<コース内容>

1)コーヒーの木から一杯のコーヒーまで
コーヒーは三大生産地(ラテンアメリカ、アフリカ、アジア/太平洋)と言われる、世界の3つのエリアで主に生産されています。
各生産地の風味の違い、そしてコーヒー豆の焙煎についての話、アイスコーヒーの比較テイスティングを行います。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 03
●3種類のビーンズの比較

☆ライトノート ブレンド...ソフトなココアと、軽く煎ったナッツの繊細なニュアンスが穏やかに感じられるコーヒー。
ソフトなココアと、軽く煎ったナッツが豊かに香る、軽めのコクに程よい酸味が特徴。穏やかで親しみやすいコーヒーです。[STARBUCKS BLONDE ROAST]

☆グアテマラ アンティグア...上品で洗練された味わい。
チョコレートやかすかなスパイス、レモンを感じる上品な酸味が幾重にも重なる複雑ながらもエレガントで洗練されたコーヒー。火山に囲まれた100年もの歴史を誇るグアテマラ アンティグア地方の農園は、すばらしいコーヒーを栽培する生産地としてよく知られています。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

☆フェアトレードイタリアンロースト...カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味のコーヒー。
カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味が特徴。甘味と力強さが際立つ、スターバックスを代表するダーク ローストコーヒーです。[STARBUCKS DARK ROAST]

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 04 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 05
●3種類のアイスコーヒーの比較テイスティング
(ストレートでテイスティングしたあとに、ミルクを加えて、テイスト&好みの変化を体験します。)

☆ケニア...グレープフルーツ、ブラックカラントの風味が特徴。
他の生産地ではなかなか味わえない、グレープフルーツやブラックカラントの風味に鮮やかでジューシーな酸味が重なる刺激的でエキゾチックな味わいです。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

☆コロンビア...ナッツを感じさせる風味が特徴のすっきりとしたバランスのとれたコーヒー。
ナッツを感じさせる風味が特徴のすっきりとしたバランスのとれたコーヒー。秘峰アンデス山脈の高地で栽培されたコーヒーです。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

☆フェアトレード イタリアン ロースト...カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味のコーヒー。
カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味が特徴。甘味と力強さが際立つ、スターバックスを代表するダーク ローストコーヒーです。[STARBUCKS DARK ROAST]

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 06 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 07 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 08 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 09
2)4つの基本と抽出方法
コーヒーをおいしくいれる4つの基本に加えて、アイスコーヒーをおいしくいれるポイントを、ファシリテーターのデモンストレーションを見ながら学習します。

ビーンズは、SEASONAL FAVORITES「スターバックス カティ カティ ブレンド」。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 10 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 11
☆スターバックス カティ カティ ブレンド...夏にぴったりの、ほどよいコクのある東アフリカ産のブレンドコーヒー。
シトラスやほのかなスパイスの風味、フローラルの香りと鮮やかな酸味のバランスが印象的な、東アフリカ産のブレンドコーヒーです。シトラスの風味やいきいきとした味わいがより引き立つアイスがおすすめですが、ホットでも楽しめます。

「KATI KATI」は東アフリカの共通語であるスワヒリ語で「~の間に」という意味で、このコーヒーの生産国が東アフリカのケニアとエチオピアの2カ国であるということ、また、ケニア産コーヒーのシトラスやスパイス感とエチオピア産コーヒーのフローラルな香りとキリッとした酸味のバランスの良さがこのコーヒーを特徴づけていることを表しています。

パッケージのデザインは、東アフリカに繁茂しているいきいきとした植物を表現しています。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 12 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 13 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 14
3)アイスコーヒー抽出体験
グラスドリップコーヒーメーカーを使いながら、実際にアイスコーヒーを抽出します。

2つのグループ(3人と4人)に分かれて、抽出を体験しました。(写真は夫がいれているところ。)
同時に二人のコーヒーを味比べ。人(いれ方)によってテイストがまったく異なることに驚きました。比較できるチャンスなんてそうはないから、とっても貴重な体験でした。

基本は守りつつ、コーヒーの個性を活かしながらも、自分の好みのコーヒーがいれられるようになったらいいな。

また、途中、急冷していない(冷蔵庫で寝かせただけの)アイスコーヒーとも味比べしましたが、急冷したものが断然おいしいことも確認できました。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 15
ペアリングのフードは「ピーチアールグレイタルト」。
☆ピーチアールグレイタルト...芳醇な香りと優しい甘みを感じるデザート。
サクサクのタルト生地にアールグレイ茶葉が香る生地を重ね、アールグレイのクリームとジューシーなホワイトピーチをのせました。やさしい味わいのデザートです。

「スターバックス カティ カティ ブレンド」と相性は抜群です。

そして、最後のお楽しみ~!噂のお土産はこちら↓
STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 16 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 17 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 18 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 19 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」 20
<お土産>
スターバックス カティ カティ ブレンド(100g)とコーヒーサーバー。

☆COFFEE SERVER(コーヒーサーバー):耐熱ガラス製器具
【サイズ】(直径)約 7.5cm×(高さ)約 10cm
【素材・材質もしくは、原材料】耐熱ガラス
【耐熱温度差】120°C
【生産国】日本

※耐熱温度差と耐熱温度は異なります。
耐熱温度差とは高熱にしたガラスを水中に投入し急冷させたとき、破損に耐えうる温度差のことです。
※食器洗い乾燥機 使用可

コーヒーサーバー、夫がさっそく使いたがっています。(珍しい~)
目盛のところにはコーヒービーンズ、VIAやORIGAMIのイラストも描かれています。それぞれの分量が一目でわかって、Good!です。重さは、160gくらい。
「フードペアリング」のお土産のプレートもそうでしたが、こちらも嬉しい日本製です。

ケーキも食べられて、お土産ももらって...アイスコーヒー日和に、お得感たっぷりのセミナーを受講できて満足です♪

スターバックス “ストロベリー ディライト フラペチーノ”
講習後は、Sold outで飲むことができていなかった“ストロベリー ディライト フラペチーノ”で一息。
抽出体験があったせいか、前回以上の疲労度。。。いつの間にか、人も気にならないくらい集中していました。
いやぁ、ほんと、いろいろ勉強になりました。

スターバックス カード 2014 summer present
そして、グラスドリップコーヒーメーカーを購入した2014年サマーシーズンに当選の、アイスキューブ&ストローがデザインされたスターバックス カードにチャージして、ドリンクチケットをもらって帰りました。
これからの季節は、クールカラーが爽やかな このカードを使うことにしよう♪

2016.05.23 18:24 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

スタバ@Hawaii 2016

スタバ@Hawaii 2016_01 スタバ@Hawaii 2016_02

一昨年、昨年に続いて、今年もハワイ滞在中、期間限定で行われていたハッピーアワー(15時~17時)のフラペチーノ半額キャンペーンに釣られ、スターバックスに何度も足を運びました。


スタバ@Hawaii 2016_03 スタバ@Hawaii 2016_04
クヒオビーチすぐ傍、カピオラニ公園入口向かいの、海が見えるスタバで、またもCute!なクッキーを発見♪
今年は、“Ice Cream Sugar Cookie(アイスクリーム・シュガークッキー)”と“Butterfly Cookie(バタフライ・クッキー)”の2種類です。昨年見つけた、サイレンロゴ入りフラペデザイン“フラペチーノ・シュガー・クッキー”を上回る可愛さ♪
しっとりソフトな生地感とテイストは変わりありません。
あちこち行きましたが、このクッキーはワイキキ以外では見かけませんでした。

スタバ@Hawaii 2016_05 スタバ@Hawaii 2016_06 スタバ@Hawaii 2016_07 スタバ@Hawaii 2016_08
アラモアナS.C.のブックストア「BARNES&NOBLE(バーンズ&ノーブル)」内のCafeは何気にスタバなのですが、こちらではワイキキの人気レストラン「チーズケーキファクトリー」のSweetsが買えたりします。
滞在中一度は、カレンダーやCDをチェックしにバーンズ&ノーブルをのぞきます。

スタバ@Hawaii 2016_09
今回初めて、チーズケーキファクトリーのチーズケーキをTo Goして、アラモアナS.C.のフードコートで、大好きな「ブルーウォーター・シュリンプ&シーフード」といただいてみました。

個人的には、日本のスタバのチーズケーキの方が好みです。(笑)

スタバ@Hawaii 2016_10 スタバ@Hawaii 2016_11 スタバ@Hawaii 2016_12 スタバ@Hawaii 2016_13 スタバ@Hawaii 2016_14 スタバ@Hawaii 2016_15 スタバ@Hawaii 2016_16 スタバ@Hawaii 2016_17
レンタカーで出かけたターゲット・カイルア店のスタバには、ワイキキでは見かけない、スターバックスUSサイトで見られるアイテムがたくさん。今年はとってもカラフルで夏らしいラインナップです。
巨大カートが通れるよう広々としたスペースにディスプレイされているので、ロコしか行かないようなスタバと違って、観光客でも遠慮なくゆっくりチェックすることができます。
ターゲット内ですが、購入した商品は、普通にスタバのショッパーに入れてもらえます。

“Reusable Cup(リユーザブルカップ)”(473ml)は今年も$2(空港ではそれ以上)です。$1だった頃が懐かしい。。。

スタバ@Hawaii 2016_18 スタバ@Hawaii 2016_19 スタバ@Hawaii 2016_20 スタバ@Hawaii 2016_21
ここで買ったのは3アイテム

☆Stainless Steel Clip Handle Tumbler - Mint(16 fl oz)...
ダブルウォールの、ハンドル付ステンレススチールクリップタンブラー(473ml)。昨年買ったチャコールのものが使い勝手よかったので、今年も追加で別カラーを買いました。“STARBUCKS”の文字はシルバーです。

スタバ@Hawaii 2016_22 スタバ@Hawaii 2016_23
一番のお気に入りポイントは、ハンドル下部が離れるようになっているところ。バックパックやバッグなどに取り付けられるのでGood!アウトドア派に嬉しい仕様です。
ハンドルが付いているので飲み易いし。

スタバ@Hawaii 2016_24
渡ハ前はブラックを買おうかなと思っていましたが、見当たりませんでした。ミントカラーは夏らしくて、これからの季節にぴったりです。重さは340gくらい。底(裏)はラバーです。
※電子レンジ・食器洗浄機 使用不可。


スタバ@Hawaii 2016_25 スタバ@Hawaii 2016_26 スタバ@Hawaii 2016_27 スタバ@Hawaii 2016_28 スタバ@Hawaii 2016_29
☆Mug(16 fl oz)...
レモンとリーフが描かれた、夏らしいデザインのセラミックマグカップ(473ml)。
“STARBUCKS”の文字は彫られていて、凹部のみ磨かれていないマットな質感。このマグのアクセントになっています。レーザーでエッチングされたものってよく見る気が。質感の違いがいい感じです。重さは450gくらい。
※電子レンジ・食器洗浄機 使用可。

スタバ@Hawaii 2016_30 スタバ@Hawaii 2016_31
☆Water Bottle(18 fl oz)...
線画で自転車が描かれた、ポップなウォーターボトル(532ml)。オンラインストアでも、他店でも見なかったものです。ラス1でした。今までウォーターボトルに出合ったことがなく、あったら欲しいなと思っていたので、即決でした。
ストラップ部分は取り外せませんが、キャップは外せるので、洗浄はし易そう。重さは150gくらい。とても軽いです。
※コールドビバレッジ専用。
※電子レンジ 使用不可、食器洗浄機 使用可。

スタバ@Hawaii 2016_32 スタバ@Hawaii 2016_33
IT&B(アイランド・トライアスロン&バイク)にMTBで行ったついでに、近くにあるスターバックス カパフル店ものぞいてみました。場所はレインボードライブインを通り過ぎて、ちょっと行ったところにあります。カピオラニ公園付近からだと、徒歩15分くらいで行ける場所です。
店内はロコで賑わっています。観光客はあまり行かないスタバ?という印象。
ここで、他では見つけられなかった目的のものをGetできました。
MTBでなくても散歩がてら行けるスタバなので、次回もチェックすることにしよう。

偶然、もらったショッパーがちょっとスペシャル使用のものでした。(何気に嬉しい♪)

スタバ@Hawaii 2016_34 スタバ@Hawaii 2016_35 スタバ@Hawaii 2016_36 スタバ@Hawaii 2016_37 スタバ@Hawaii 2016_38
ここで買ったのは2アイテム

☆Stainless Steel Tumbler - Matte Yellow(12 fl oz)...
ダブルウォールの、ステンレススチールタンブラー(355ml)。
鮮やかなイエローが目を惹きます。“STARBUCKS”の文字はシルバーです。ハンドル付ステンレススチールクリップタンブラーのミントと兄弟のよう。この夏、二人でスタバ利用の時は、ミント&イエロー、2つのタンブラーを持って行こうと思います。
重さは280gくらい。ハンドル付ステンレススチールクリップタンブラーと違って、底(裏)はラバーではありません。
※電子レンジ・食器洗浄機 使用不可。

☆Double Wall Traveler - Hawaii(12 fl oz)...
トロピカルなフラワーが華やかな、ハワイらしいトラベルタンブラー(355ml)。ダブルウォールの、セラミックタンブラーです。
実はこれが一番目的でした。でも、2015年ホリデーシーズンのDot Collection、しかもハワイ限定デザインということで、この時季にあるわけないな(あればいいな)と思っていたところに遭遇。しかもレジ横の棚の上の方に、さりげなくディスプレイしてあるという。。。
この日のハッピーアワーに、フラペチーノをいただきに寄ったワードのスタバには、真っ赤なBOX入りのものがありましたが...ここではタンブラーのみの販売でした。
重さは550gくらい。フタまでセラミックなので、重たい重たい。どちらかというと、鑑賞用的な位置づけかな。
※電子レンジ・食器洗浄機 使用不可。

スタバ@Hawaii 2016_39 スタバ@Hawaii 2016_40
ホノルル空港のスターバックスでは、機内で食べるように“Pumpkin Bread(パンプキンブレッド)”、日本では発売されたとしても高くて手が出ないコナコーヒー(ビーンズ)、そしてスターバックスカードをGet。

スタバ@Hawaii 2016_41
海外カードはまったく持っていなかったのですが、記念に一つ手に入れてみました。
到着した日にカピオラニ公園入口向かいのスタバで見かけたこのカード、何日かしたらいつの間にかなくなっていて...たぶん日本人がお土産用にでもGetしたんだろうなぁ。

2015年デザインのモチーフは、タスキモンガラ=ハワイでは“Humuhumu nukunuku apua'a(フムフムヌクヌクアプアア)”と呼ばれる、サンゴ礁に生息する熱帯魚です。
この長い名前は「ブーブーと鳴くブタ」という意味で、その理由は、捕まえるとブタのようにブーブーと鳴くためだとか。
“フムフムヌクヌクアプアア”は神話にも登場する魚で、1984年にハワイ州議会で議決され(当初5年間の期限付きで)ハワイ州の魚と決められました。
ハワイの神話を思い起こさせるあたり、小さなカードの中に、浪漫と、さりげない拘りを感じますね。

コレクターではありませんが、海外もの、集めたら楽しいかも、なんて思い始めています。

スタバ@Hawaii 2016_42
ここで、ラストアイテム!

☆Water Bottle(18 fl oz)...
“STARBUCKS”の文字だけがプリントされた、超シンプル、クリアなウォーターボトル(532ml)。こちらも、オンラインストアや他店で見なかったものです。まさか空港で出合うとは...。
自転車が描かれたポップなウォーターボトルと同形状です。重さは150gくらい。
※コールドビバレッジ専用。
※電子レンジ 使用不可、食器洗浄機 使用可。

スタバ@Hawaii 2016_43 スタバ@Hawaii 2016_44

もうこれでスタバとはお別れ~と思っていたら...ゲート近くに、ひっそりとスタバがある!見ると、結構アイテムが揃っています。
買い忘れた人は、最後にのぞいてみるとよいですよ。穴場的なスタバです。

今回も、ハワイのスタバを堪能しました。日本では暫くオトナシクしていよう。

2016.05.19 15:34 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-) |

Hawaii! May 2016

Hawaii! May 2016_01 Hawaii! May 2016_02 Hawaii! May 2016_03 Hawaii! May 2016_04 Hawaii! May 2016_05 Hawaii! May 2016_06 Hawaii! May 2016_07 Hawaii! May 2016_08
今年も、GW後半の4連休に絡めて、ハワイに行くことができました。4年連続オアフ島オンリー、6泊8日の夫婦二人旅。
予約していたパーシャルオーシャンビューの部屋からは、嬉しいことにダイヤモンドヘッドも眺めることができ...海に癒され、山を見ては心穏やかになり。。。

到着した日以外はお天気にも恵まれ、特にレンタカーで遠出したラニカイでは、以前よく渡ハしていた時季~6月の頃~を思い起こさせるような陽気。当時は今のように日本人はあまり行かない穴場的なビーチで、バスを待つ間にじりじりと照りつける太陽に焦げたという、そんな懐かしい思い出がふと蘇ってきました。

Hawaii! May 2016_09 Hawaii! May 2016_10 Hawaii! May 2016_11 Hawaii! May 2016_12 Hawaii! May 2016_13
今回も、レンタカーでは、まずは大好きなブーツ&キモズのパンケーキをいただきに。向かいにあるターゲットでスタバチェックした後、お気に入りのラニカイビーチへ移動し、ビーチでの~んびり。
カイルアビーチでシャワーを浴びて、ノースショアへとドライブしました。

Hawaii! May 2016_14 Hawaii! May 2016_15 Hawaii! May 2016_16 Hawaii! May 2016_17 Hawaii! May 2016_18 Hawaii! May 2016_19
ノースショアでは、アメリカBall社のメイソンジャーにレモネードをサーブするスタイルで話題の“Wow Wow Hawaiian Lemonade(ワウワウレモネード)”で喉を潤し、Shopping&散策。
ウミガメに出合える静かな穴場的ビーチ“アリイビーチ”で、波の間から時折頭をのぞかせるHonu(ウミガメ)を見つけ、夕暮れ迫るノースを後にしました。

Hawaii! May 2016_20 Hawaii! May 2016_21 Hawaii! May 2016_22 Hawaii! May 2016_23 Hawaii! May 2016_24 Hawaii! May 2016_25 Hawaii! May 2016_26 Hawaii! May 2016_27 Hawaii! May 2016_28 Hawaii! May 2016_29
一日は、MTBをレンタルして、バイクShop巡り。
2年ぶりに、カルチャー発信地として注目のエリア“カカアコ”でウォールアートウォッチング&ランチ。
ランチは、旧店の隣に移転リニューアルオープンしていた『Hank's Haute Dogs(ハンクス・オート・ドッグ)』。

この日の一番目的は、ワードビレッジ ショールーム(コートヤード)で、2016年3月8日(火)~5月13日(金)の間、無料展示されていた草間彌生氏の“フットプリンツ・オブ・ライフ”を観ること。
世界に名を馳せる第一線のアーティストと、文化の多様性に満ちたハワイで活躍するアーティストをハワイに集結させるべく、2017年春に発足する「ホノルル・ビエンナーレ」に先立ち、特別先行イベントとして、草間彌生氏の作品“フットプリンツ・オブ・ライフ”をホノルル・ビエンナーレ・ファウンデーションとパートナーシップを結ぶザ・ハワードヒューズ・コーポレーションの協賛により展示。
ハワイでの会場はホノルルのアイコニックな建造物として、ハワイの人々と世界中から訪れる観光客に愛されるウルジミール・オシボフ氏設計のIBMビルディングの中庭。
青空のもと、椰子の木と草間彌生氏のインスタレーション。まるでホテルのラウンジにいるような、涼風が通り抜ける心地よい空間に広がるKUSAMAワールドは、鮮やかに私の心に刻まれました。

ハワイを発つ時いつも思うこと...いったい何日いたら満足がいくのだろう?
一瞬一瞬の景色が美しすぎて、名残惜しくて、また帰ってきたいと願う。
自然と都会が共存したハワイは、とても居心地のよい、My Favorite Place です。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
<番外編>

TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 01 TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 02 TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 03 TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 04 TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 05 TARGET(ターゲット)Reusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ) 06
☆ネイバーアイランドに続き、オアフ島でもプラスティックバッグが廃止になりました。オアフが最後で、2015年7月1日施行のよう。
ということで、今回の滞在では、ペーパーバッグが増える増える。

とは言っても、Shopによっていろいろで、ドンキでは10セントでプラスティックバッグを購入できたりもします。

今回、日本から持って行っていたエコバッグが役に立ちました。
現地で購入したものとしては、TARGET(ターゲット)のReusable Shopping Bag(リユーザブルショッピングバッグ)。持参すると、買い物の度に5セントオフにしてくれるよう。底敷きも付いていて、使えるエコバッグです。

Hydro Flask(ハイドロフラスク) 01 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 02 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 03 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 04
☆Hydro Flask(ハイドロフラスク)が大流行。
冷たい飲み物は24時間、温かい飲み物は12時間保てるステンレスボトル「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」を持っている人を結構見かけました。ステッカーを貼ったりしてカスタマイズしている人も。(パタゴニアのバックヤードで、パタゴニアステッカーを貼ったスタッフの私物を発見。)

Hydro Flask(ハイドロフラスク) 05 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 06 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 07
Hydro Flask(ハイドロフラスク) 08 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 09 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 10 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 11 Hydro Flask(ハイドロフラスク) 12
ロコは広口タイプの大きなサイズを持ち歩いているけれど、我が家は16oz(473ml)と20oz(591ml)のコーヒーボトルタイプ2種類を買いました。16ozはMTBに乗った時に、さっそく重宝しました。これから始まるボートシーズンにも活躍してくれそうです。
カラーは“Pacific”。他にはMangoとかKiwiとか...元気が出そうなビタミンカラーも。勿論、ベーシックカラーもあります。

サイズ比較の為に、スタバのサーモス製ステンレスボトル(500ml)と一緒に写真撮影してみました。

Youは何しに日本へ?
☆Youは何しに日本へ?取材班と遭遇。
前回に続き、行きは羽田、帰りは成田空港を利用したハワイ。到着ロビーの椅子で暫し休憩していたら、よく聞くフレーズが耳に入ってきました。「Why did you come to Japan?」
ふと見ると、すぐ横でYOUに取材をしている。。。あまりに自然体で、フレーズを耳にするまで全く気が付きませんでした。
思わずテンションUp!帰国後のお疲れモードが、一気に吹き飛びました。

2016.05.17 01:01 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(-) |

| ホーム |