WBC、桜の季節におすすめのワイン

WBC日本代表応援ファイル
時折食べたくなるシンプルなホットドッグ。朝マックメニューに“マックホットドッグ・クラシック”が登場(3/6~)してから、何度か食べました。アメリカで食べるホットドッグと比べると小ぶりで、バンズが柔らかすぎる感があるけれど。(それにアメリカでは、レリッシュ・ケチャップ・マスタードなどは自分の好みでたくさん入れられるし)
それでも、ホットドッグ大歓迎!朝マックだけでなく、レギュラーメニューに加わってほしいと思っています。週末、何気に“マックホットドッグ・クラシック”を購入したところ、“WBC日本代表応援ファイル”が付いてきました。対象のバリューセット購入で、クリアファイルが1枚もらえるキャンペーンをやっていたみたい。
現在、超はまっているWBC。そういえば、マックはWBCの公式スポンサー。
さぁ、明日はいよいよ準決勝!メジャーリーグを観戦した、思い出のドジャースタジアムでの決戦です。韓国との対決がまた実現できるよう、絶対に準決勝を勝ち抜いて欲しいものです。

ジェイコブス・クリーク・シラーズ・ロゼ・ヴィンテージ2007
例年よりも早い桜開花の便り。桜の花を楽しむこの季節にぴったりかなと、久しぶりにロゼワインを買いました。
JACOB'S CREEK SHIRAZ ROSE VINTAGE 2007/SOUTH AUSTRALIA(ジェイコブス・クリーク・シラーズ・ロゼ・ヴィンテージ2007/南オーストラリア)
ジェイコブス・クリークでのワイン造りは、1847年、ヨハン・グランプがジェイコブス・クリークという小川沿いに最初の葡萄畑を開墾した時に始まりました。
“シラーズ”は、オーストラリアで最も重要なブドウ品種で、バロッサ・バレーとハンター・バレーがオーストラリアのシラーズの故郷です。
『ジェイコブス・クリーク・シラーズ・ロゼ』は、フレッシュなラズベリーのアロマ&シナモンのスパイシーなフレーバーで、ほんの僅かですが発泡しています。この二酸化炭素は、酵母発酵と早い時期の瓶詰めによるもの。自然なピンクの色合いは、ブドウの鮮やかな色合いとソフトな果実味を損なわないよう、果皮との接触を極力避け、直ぐにタンクで圧搾を行うという、速やかなタンクでの圧搾工程から生まれます。辛口とありますが、個人的には、ちょっぴりスウィートな印象を持ちました。しっかり冷やした方が美味しいと思います。今回初めていただいた、珍しい“シラーズ”のロゼ。季節のみならず、“春”を感じたい時におすすめのワインです。
☆ジェイコブス・クリーク http://www.jacobscreek.jp/

2009.03.22 22:15 | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/101-d1373ab1

| ホーム |