movie☆book☆lunch

映画『レスラー』 映画『サガン』





ちょっと気になっていた映画を、2本観ました。1本は、ミッキー・ローク主演の『レスラー』。
プロレスファンではないけれど、思わず人気プロレスラー三沢光晴さんの急逝を重ねて観てしまいました。ミッキー・ローク自身の波乱万丈な人生と、主人公ランディの生き様とがリンクして、魂の叫びのように、内から迸る凄みがひしひしと伝わってきました。つくづく、ミッキーっていい役者になったなぁ(次の作品観てみたい)って、そう思う。
もう1本の映画は、女流作家フランソワーズ・サガンのドラマティックな人生を描いた『サガン―悲しみよ こんにちは―』。公開初日ということで、先着200名に、カンパニー・ド・プロバンスのエクストラ・デ・オリーブ石鹸(25g)のプレゼントがありました。(ラッキー!)
学生時代、好きで読んでいたサガンの作品ですが、彼女がどんな人生を送ったのかは、まったく知らず。
全てを手に入れ、自由奔放で、一見華やかな人生を送っていた彼女の根底にあったもの。いつも友人たちに囲まれて生きていたのは、寂しさゆえ。他人にはわからぬ孤独を抱え、いつも愛を求めていた彼女の悲哀は、自分自身にも繋がるところがあり...その最期はあまりにも寂しすぎて、胸が痛むほど辛いものに見えました。
異なる2本の映画ですが、自分が輝ける“生き場所”と終焉をむかえる“死に場所”について、本当の幸せについて、いろいろ考えさせられました。

村上春樹の『1Q84』
発売から売り切れ続出の話題作、村上春樹の『1Q84』を読みました。青豆と天吾という2人の物語が交互に描かれており、二巻するっと読めました。特にBOOK2は、結末が気になって、読む速度も加速していき。読み終えて、次きっと出版されるよね?と思ってしまいました。考えてみると、上下ではなく、BOOK1・2だし。4月-6月、7月-9月ってことは、10月-12月、1月-3月って展開されるのだろうって推測してしまう。
事前に内容を知らなかったのは、よかったかなと思います。あとで、背景にあるものがいろいろ見えてきて。
自分の倫理観を正しいと信じ行動してきた私が見落としていたこと~物事の視点には、それぞれの考え方感じ方があるのだということ~を思い出させてくれました。
読みながら、鳥のさえずりや風や...感覚が研ぎ澄まされていくような、心地よい世界に自分がいました。読み終えてからは、もしかして月が2つないかなとか、高速を走りながら、ここに非常階段がありはしないかとか...今まで考えもしなかった、そんなことを考えている自分がいます。

view『モード・ディ・ポンテペッキオ』01 『モード・ディ・ポンテペッキオ』02 『モード・ディ・ポンテペッキオ』03
以前、大阪梅田の阪急百貨店にあったイタリアン『メンサ・ポンテベッキオ』が、行きやすく&入りやすくて好きでした。閉店してからは、なんばパークスにある『スッド・ポンテベッキオ』に行ったりもしましたが、最近すっかりご無沙汰でした。
先週末、この3月にリニューアルした『モード・ディ・ポンテペッキオ』(明治安田生命大阪梅田ビル30階)でランチしました。4月に訪れた時は、運悪く貸切りでフラレてしまい、気になっていて。
30階(地上150メートル)にある、ガラス張りの開放的でモダンなレストランには、天井高6メートルのチャペルもあり、ウエディングを挙げることができます。ウェイティングルームや親族控室も用意されています。

『モード・ディ・ポンテペッキオ』04 『モード・ディ・ポンテペッキオ』05 『モード・ディ・ポンテペッキオ』06 『モード・ディ・ポンテペッキオ』07 『モード・ディ・ポンテペッキオ』08 『モード・ディ・ポンテペッキオ』09 『モード・ディ・ポンテペッキオ』10
私たちがいただいたのは、リーズナブルなランチ“Rapido”。
各2品ずつのパスタ、メインから1品ずつと、デザート、パン、カフェで2,100円という、お得なランチです。二人それぞれ違う種類をチョイスして、交換しながらいただきました。手打ちのパスタ、メインのお料理(特にお肉)は、この価格にしては量もそこそこあり、デザートをいただく頃には、すっかりおなか一杯に。パンも美味しいし。アレルギーや苦手なものがあれば、それも考慮してくれるのも嬉しい。今回は予約なしで入ることができましたが、貸切りの時もあるので、事前にTELで確認しておく方がいいと思います。
☆ポンテベッキオ http://www.ponte-vecchio.co.jp/

2009.06.23 17:46 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/110-8a955550

| ホーム |