1Q84 BOOK3、レスポ&マリメッコ公式ブランドブック

1Q84 BOOK3
やっぱり発売されたね(待ってました)って感じの『1Q84 BOOK3』。
発売当日(4月16日)に手に入れたくて、予約してました。
最初のイメージを大事にしたくて、あえてBOOK1・2を読み返さずBOOK3へ。前作のストーリーを思い出しながら、じっくり読みました。BOOK1・2のように驚きの展開というのではなく、BOOK1・2を丁寧に補ってくれる、とても静かな展開でした。(当然ながら)私は作家にはなれないわぁ...と、“作家”村上春樹の凄さを感じました。個人的に、前作は背景にあるものに視点をあわせていましたが、BOOK3は自分の中にも存在する、表には出さない(実際どう表現したらいいかわからない)自分自身の陰の部分、パーソナルな部分を代弁(表現)してくれたような。天吾の父親の行では、思わず泣きました。
BOOK3で一応完結ともとれるし...更なる(新たな)展開もありだし...。個人的には、最後の“BOOK3 終り”の文字に、続きを期待してしまいます。
4月-6月、7月-9月、10月-12月とくれば1月-3月もあり得る。が、そうなると1984年ではなくなるのだけど。夫曰く、「日本では、始まりは4月だから」。(確かに。)
私はハルキストではありませんが、BOOK4が発売されるなら、絶対読みます。(読まずにはいられない)

今、次回の旅のお供にとひそかに考えているのは、英語版と同じ作品構成&シンプルな造本の「めくらやなぎと眠る女」。短編集で、いかにもアメリカっぽくって持ちやすそうな質感が旅にぴったりかなって思っています。

レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style1“35thアヴェニュー” 01 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style1“35thアヴェニュー” 02 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style1“35thアヴェニュー” 03 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style1“35thアヴェニュー” 04
昨年ラッキーにも、レスポートサックの公式ファンブック第1弾をGet しまして。今でもその付録のマルチケースは通帳入れとしてバッグの中にあります。付録つきの雑誌を買ったのは、その時が初めて。
先日(4月17日)、第2弾レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”が発売されたので、思わず全種類(3種類)購入してしまいました。
style1は、レスポ36年の歴史のなかでも伝説的大ヒット柄、日本限定で販売されたアヴェニューが35周年記念としてリバイバルした“35thアヴェニュー”。
これは柄の出方が気になるところですが、マルチケースに合わせて柄が縮小されているので、まずまずよい柄をGet できたかなと思います。

レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style2“ロビンエッグドット” 01 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style2“ロビンエッグドット” 02 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style2“ロビンエッグドット” 03





style2は、淡いブルーに小さなドット&ピンクのテープとの組み合わせがかわいい“ロビンエッグドット”。本家レスポで、4月28日から発売される柄でもあります。
ちょっと甘いかなとも思いましたが、暖かいところ(リゾート)へ持って行くのにはこれくらいのPOPさがよいかなと。開けてみたら、縫製も一番よかったので○でした。

レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style3“ブラックグリッター” 01 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style3“ブラックグリッター” 02 レスポートサック公式ファンブック“2010 spring&summer”style3“ブラックグリッター” 03





style3は、グリッターがブラックパテントに映える“ブラックグリッター”。グリッター系は人気が高く、本家レスポでもすぐ売り切れてしまうよう。ブラックグリッターは、5月26日の再販が決まっています。きっとこの3種類の中でも一番人気だろうなぁと思っていたら、書店でも減り方が早いですね、やっぱり。

昨年より進化したマルチケース(サイズ:約H13×W20cm)は、パスポートや通帳やカード、ついでに携帯までも入ります。

“マリメッコ”公式ブランドムック 01 “マリメッコ”公式ブランドムック 04 “マリメッコ”公式ブランドムック 02 “マリメッコ”公式ブランドムック 03






4月22日、北欧・フィンランドからやってきた“マリメッコ”の公式ブランドムックが初登場しました。つい最近、マリメッコのShopを覘いたばかり。北欧デザインのものはちょっとお高めでなかなか手が出ませんが、マリメッコに限らず、ついつい立ち寄ってしまいます。もの作りの本質は日本にも通ずるような。それでいてデザインは大胆で。
この公式ブックで知ってびっくり&うらやましいなぁと思ったのは、社員食堂で使われているプロダクツがマリメッコ。社員食堂で働くスタッフさんたちもマリメッコのアイテムを身につけていること。カラフルでCute!で、働くのが楽しくなりそう~。おしゃれすぎます。(ライフスタイルの違いを感じるなぁ。)
雑誌の付録は、ブランドロゴ柄トートバッグ(サイズ:約H23×W30×D10cm)&ポーチ(サイズ:約H16×W21cm)の2個セット。付録の割にしっかりとした、肉厚キャンバス素材が嬉しい。

レスポやマリメッコや...雑誌の中でも、付録つきはやっぱり公式ものがよいなと改めて思いました。本誌は新作カタログのような役割なので、狙い通り本家のものが欲しくなりますね。

2010.04.24 22:53 | BOOK | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/132-5bf0f032

| ホーム |