タイの香り

先日、タイのバンコクに赴任していた友人と3年ぶりに会いました。
英会話を通じて知りあって以来の、長い長~いお付き合い。お互い旅が好きということで、どちらかが旅をすると土産話に花が咲いて。自分が行ったことのない国のこともたくさん体感することができ、いつも元気と刺激をもらえる存在です。
会っていない3年間は、お互いにとって激動?の(ほんといろいろあった)3年間。でも、お互い変わらず、再会できたことに感謝!です。

タイのコーヒー
彼女からタイのお土産にと、コーヒー&“JIM THOMPSON(ジム・トンプソン )”のミニポーチをいただきました。
コーヒーは酸味のない苦味が強いタイプ。コーヒー好きな夫が、さっそく毎朝飲んでいます。


JIM THOMPSON 01 JIM THOMPSON 02 JIM THOMPSON 03






“JIM THOMPSON(ジム・トンプソン)”は、米国人ジム・トンプソンが情熱を傾け育て上げたタイシルク製品のブランドです。
いつだったか?TVで紹介されていたタイ・シルク製品で有名な、行ってみたいなと思っていた素敵なShop。たぶん、個人的に初のタイシルクです。
1945年に米軍の任務としてタイに駐在していたジム・トンプソンが、安い機械織物に押され衰退の一途を辿っていたタイシルクの美しさと可能性に目覚めて、染料・織り方・彩色など全ての行程において試作を重ね生地を制作。タイ国内はもとより、ニューヨークやヨーロッパの友人や知人に見せてまわったことから世界的に広まりました。
タイシルク、実際触ってみると、ほんと手触りがとてもよく...。柄&デザイン共、大変気に入りました。高級感もあるし。旅のお供に(アクセサリー入れとして)使おうと思っています。

タイの香り、いただきました。Khob khun Ka!

2010.06.14 16:17 | スーベニア | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/137-10c3ef1d

| ホーム |