フィエスタ・メヒカナ大阪 2010

猛暑から一転、急激な気温の変化とすっきりしない天候とに、気分もちょっと↓気味。
ついこの間出かけてきた、恒例の『フィエスタ・メヒカナ大阪2010』が、まるで夢のよう...。
天候にも恵まれ、3連休ということもあって、今年のフィエスタ・メヒカナ大阪は、例年以上の盛り上がり。ラテン気質溢れる大阪での様子をちょっと紹介します。

フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_04 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_05 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_06 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_07 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_08 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_09 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_10
フィエスタ・メヒカナ大阪は、メキシコと日本との友好を深める為に駐日メキシコ大使館と共同で開催されるイベントで、今年で14回目の開催となりました。西日本各地からラテンファンが訪れる日本最大級のメキシコのフィエスタ(お祭)は、すっかり国際集客都市大阪での代表的なイベントへと成長し、このフィエスタだけに止まらず、さらに箕面、東大阪、奈良へと、関西地区でのメキシコとの友好の絆のネットワークが広がっています。
東京では11周年を迎え、『フィエスタ・メヒカナin お台場 Tokyo』として、今週末9月25日(土)・26日(日)に開催されています。
スローガンの「アミーゴよ、フィエスタ・メヒカナdeあおう!」は、このお祭で友だち(アミーゴ)になった人々が年1回再会し、親交をより深めようということから。
メキシコは今年、民族独立200周年、メキシコ革命100周年を迎えました。メキシコ好きの我が家は、メキシコに行けない代わりに、メキシコ気分を味わえるこのイベントを毎年楽しみにしています。メキシコの陽気で明るい文化に触れると、それだけで力が自然と湧いてきて、元気&Happy!になります。
今年も、おなじみのマリアッチ“Agave(アガベ)”が来日。スペイン語&日本語で歌う「川の流れのように」は感無量です。せっかくなので、iPhoneで動画も撮影してみました。
民俗舞踊団“Mexico En La Piel(メヒコ・エン・ラ・ピエル)”や“Estudiantina De La Universidad La Salle(エストゥディアンティナ・ラ・サイエ)”他、様々なゲストが素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_01 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_02 フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_03





関西のメキシカンレストランからの出店によりタコス等のメキシカンフード、フルーツジュース、コロナビール・テキーラ等の飲み物の屋台販売もあり。そうそう、“コロニータ”なるコロナの小瓶(207ml)を発見しました。コロニータはコロナの妹という意味です。個人的にコロナは好きではないのですが、名前も可愛いし、思わず飲んでみたくなるミニサイズです。
メキシコの手工芸品、特産品、民族衣装等の展示販売コーナーもあり。色彩豊かな陶器やソンブレロ等の民族衣装、色鮮やかなサラッペ等の珍しい民芸品の数々。メキシコの民芸品は、見ているだけでも楽しく、メキシコの空気を感じさせてくれます。

フィエスタ・メヒカナ大阪 2010_11
サルサタイムでは、ステージの上から下まで、会場中犇めき合うようにダンスで大盛り上がり。日頃のストレス&運動不足解消に、いい汗流しました。ほんと楽しい夜でした。
来年も、また参加しなくちゃ!

2010.09.25 15:31 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/147-74c9cbc5

| ホーム |