The Beetle!(ザ・ビートル)

ハワイ帰国後、長らく風邪をひいていた夫が、突如マンゴーアレルギーを発症し...。試合後のボクサーのように、顔は腫れるわで、ひどいことになりました。昨年は入院してたし、5月は要注意月と言えそうです。

週末、顔の腫れがひどくなる直前に、発売が近づいてきた、フォルクスワーゲン『The Beetle(ザ・ビートル)』の先行特別内覧会に出かけてきました。

ザ・ビートル“キャンディホワイト” 01 ザ・ビートル“キャンディホワイト” 02 ザ・ビートル“キャンディホワイト” 03
ザ・ビートル“ディープブラックパールエフェクト” 01 ザ・ビートル“ディープブラックパールエフェクト” 02 ザ・ビートル“トルネードレッド”





現在乗っているニュービートルの老朽化に伴い、『The Beetle(ザ・ビートル)』を3月から予約している我が家。何色が展示されてるんだろう?と楽しみに出かけていくと...展示車2台(キャンディホワイト、ディープブラックパールエフェクト)に加え、試乗車(トルネードレッド)も用意されており、嬉しい悲鳴!
おととし、ハワイでニュービートルの“サンフラワー”をレンタルして気分↑↑ になっていたこともあり、近いキレイめなカラーなら、イエローにしようと思っていて。色見本で同じようなイエローであることを確認して、“サターンイエロー”に決めました。
初代ビートル時代、白に乗っていた夫は、“キャンディホワイト”も気になっていて。逆にあまり興味がわかなかった私でしたが、実物を見たら以外にイイ感じ。インパネがボディと同色なので、カラーによって車内での居心地が違う。。。個人的な感想は、キャンディホワイトは平常心?でいられる感じ、落ち着いてる。トルネードレッドは、ちょっと集中力欠けそう?ディープブラックパールエフェクトはシックでもあり、威圧感も結構ある。でも男性に人気出そう。
さて、まだ見ぬサターンイエローはどうかしら?と、ますます楽しみになってきました。
デザイナーが初代ビートルのオーナーでもあるらしく、フロアマットにチェック柄があったり、メッキホイールキャップ付ビンテージ風アルミがオプションで用意されていたり。随所に初代のエッセンスが入っていて、原点回帰がうかがえます。
でもサイズはニュービートルより更に大きくなっているので、初代くらいのサイズであってくれると、私としては嬉しいな。
で、夫が試乗した感想ですが、独特なドライビングボジションだったニュービートルと比べ、違和感のないドライビングボジションになり、運転はかなりしやすくなっているとのこと。走りは、1.2Lとは思えない加速感があり、7速DSGトランスミッションのおかげで非常にスムーズ。ボディサイズの割に、取り回しも楽だったようです。
試乗後、このまま乗って帰りたいわ~ってくらい、ワクワクしました。
これから船旅に出る我が家の『The Beetle(ザ・ビートル)』。ご対面はいつになるのやら。

2012.05.28 23:05 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/196-ffa7f329

| ホーム |