レスポ “Native Argyle(ネイティブアーガイル)”

LeSportsac(レスポートサック)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”01 LeSportsac(レスポートサック)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”02
2014年8月13日(水)、LeSportsac(レスポートサック)から、気になるネーミングのアイテムが登場しました。
その名も『Native Argyle(ネイティブアーガイル)』。
民族の織物風にアーガイルとチマヨ柄を掛け合わせたデザインで、ニューメキシコ州サンタフェの素焼きテラコッタ(赤土焼)からインスパイアされたカラーリングがおしゃれ!です。

我が家が“Santa Fe(サンタフェ)”に旅したのは、2001年1月のこと。当時英会話を習っていたニューメキシコ州出身の先生の影響もあって、無料航空券を使ってコロラド州ベイルでスキーをした後、サンタフェを訪れました。
ギャラリーや洗練されたレストラン、個性的なショップが立ち並ぶ“サンタフェ”は、まさにアートの街。
日干し煉瓦作りの建物をうまく利用し、決してイメージを壊すことなくデコレイトされた街並みは、トラディショナルであるにもかかわらず、モダン。抜けるような青空と大地を思わせるアドービの見事なコントラスト、のんびりとした時の流れ。スペイン、メキシコ、アメリカという3つの異文化がうまくMIXされた独特な雰囲気が漂う、とってもとってもステキな街でした。
景観が規制されているサンタフェでは、STARBUCKS(スターバックス)も街並みにしっかり溶け込んでいて。壁を彩るのは、アートの街サンタフェならではの個性的な作品の数々。景観が素晴らしいセドナのスタバと共に、もう一度訪れたいスタバの一つです。

Chimayo(チマヨ)&メディスン・ホイール
我が家では、今でもサンタフェで買ってきた“Chimayo(チマヨ)”柄の織物を壁に飾っています。そして、ラグもサンタフェで購入したもの。
...という経緯もあり、“サンタフェ”“ネイティブ”と聞くと、心くすぐられる私。今回発売された『Native Argyle(ネイティブアーガイル)』は、『Arizona Dream(アリゾナ ドリーム)』以来、ちょっとハマりそうな気配です。

レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”01 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”02 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”03 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”04
購入したのは...
☆CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”
【サイズ】(約)30×43×18cm、 ショルダー長さ:(約)54cm
【色番】D417 ネイティブアーガイル
【型番】8017 CARRYALL TOTE
【仕様】メイン開閉部:ファスナー
表面:ファスナー付ポケット×1
裏面(内部):ファスナー付ポケット×1、ポケット×3

レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”05 レスポートサック「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」“Native Argyle(ネイティブアーガイル)”06
本当は「MOLLY(モリー)」がよかったのですが、近頃作られなくなってしまい。。。(残念!)初の「CARRYALL TOTE(キャリーオール トート)」です。
「MOLLY(モリー)」同様、百均で買ったクリアなカッティングシートで、さっそく底敷きを作りました。

他にも気になる形が幾つかあるものの...7月30日(水)から、原材料の高騰および為替変動を理由に価格改定されたLeSportsac(レスポートサック)は、残念ながら高嶺の花になりつつあります。

2014.08.16 23:16 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/264-d9ef56b1

| ホーム |