LeSportsac×BEAMS☆iPad Mini Envelope ビーネイティブ

2015年3月11日(水)、「LeSportsac(レスポートサック)」から、グローバルな視点でライフスタイルを提案するセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」とのスペシャルコラボレーションアイテムが発売になりました。

昨年夏、原材料の高騰および為替変動を理由に価格改定されたレスポートサック。これからは、よっぽど気になるプリントが発売されないとそうそう手が出ないわと、ここ暫くすっかり遠のいていました。。。

LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 01 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 02 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 03 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 04 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 05






<LeSportsac×BEAMS>スペシャルコラボレーションアイテム!
このシリーズは、「LeSportsac(レスポートサック)」が誇る定番のバッグシリーズを、プリントの段階から「BEAMS(ビームス)」がデザイン。
トリコロールの配色が鮮やかながらも、ネイティブアメリカンを彷彿とさせるデザインパターンの中に「BEAMS」のジャガードロゴがちりばめられた、スペシャルモデルです。

ユニセックスで愛用できるカラ―をセレクトした、豊かな感性を持つBEAMSのフィルターを通したアメリカを連想させるネイティブプリント“ビーネイティブ”。

気になるラインナップは、レスポートサックのクラシックコレクションから厳選したバッグを中心に、iPad・iPad Miniなどのモバイルケース、IDケースやブックカバーという変わり種まで。普段使いからトラベルやビジネスと、あらゆるシーンで活躍してくれるアイテムが用意されています。中でも、今回のコラボレーションの為だけの新スタイルは見逃せません。

LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 06 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 07 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 08 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 09 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 10 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 11 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 12 LeSportsac×BEAMS「iPad Mini Envelope ビーネイティブ」 13











数あるアイテムの中から私がチョイスしたのは、
☆iPAD MINI ENVELOPE(アイパッドミニ エンベロープ)...
今回のコラボレーションの為だけの新スタイル、iPad Mini専用ケースです。シンプルで無駄のない形に色鮮やかなトリコロールカラーが素敵です。
正面上部に施された「LeSportsac」のロゴが存在感を醸し出しています。フラップには磁石が内蔵されている為、簡単に留めることができます。
底の両サイド部分には、軽くマチが付いています。
通常ブランドロゴがプリントされているグログランテープに代わり、ジャガード織でブランドロゴが表現されている特別仕様となっています。
【サイズ】(約)17×24cm
【色番】P580 ビーネイティブ
【型番】3318 iPAD MINI ENVELOPE
【素材】ナイロン
【原産国】中国

その名の通り、エンベロープ(=封筒)のようなモバイルケースは、iPad Miniの出し入れが容易でGood!です。Apple純正のSmart Caseを付けたまま、無理なく入れられるケースを探していたので、大満足。ユニセックスなプリント、しかも大好きなネイティブ柄も購入のポイントです。


近頃、コラボ商品が気になります。
先日来ハマっている「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」(3月2日~発売)に、今度は全30種がコンプリートされた特別限定商品「Andy Warhol×Japan Box」が登場!との驚きのニュース。
なんと、全30種のアート缶が福井の伝統工芸品、越前漆器に収められ受注販売されるとのこと。「Andy Warhol×Japan Box」と名付けられたスペシャルな漆箱をディレクションしたのは、日本の伝統工芸の技に現代的文脈を加え発表している丸若屋。
一瞬、漆器をネット画像で見て「わぁ~ステキ!」と思ったのものの、、、54万円という価格にビックリ!でも、アンディ・ウォーホルコレクターにはタマラナイ商品でしょうね。ちなみに、販売は30個限定で、受注期間は4月30日まで。
また、この貴重な作品が代官山の蔦屋書店にて、4月16日まで展示されているよう。買うことは到底無理ですが、せめて実物を見てみたいものです。

2015.03.19 18:26 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/291-14fc27bf

| ホーム |