JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」

JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 01 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 02 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 03 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 04







aeon(イオン)のリカー売り場で、美しい花火のラベルが目を引く、この時季ならではのスパークリングワインを発見しました。
オーストラリアを代表するワインブランド「ジェイコブス・クリーク」が、「かぎや~」でおなじみ、1659年創業の宗家花火「鍵屋」とコラボレートし、スパークリングワインで“花火”を表現した“ジェイコブス・クリーク「かぎや」”です。
ジェイコブス・クリーク初の日本国内限定商品、しかも数量限定!ということで、お客様感謝デーの5%Offを利用して購入してみました。

JACOB'S CREEK かぎや/AUSTRALIA
(ジェイコブス・クリーク かぎや/オーストラリア)

【生産地】南オーストラリア、バロッサ・ヴァレー
【ワイナリー】ジェイコブス・クリーク
【ブドウ品種】リザーヴクラスのシャルドネ、ピノ・ノワール
【製造法】瓶内2次発酵(トランスファー方式)
【ヴィンテージ】NV(ノンヴィンテージ)
【アルコール度数】12.5%
【色合い】輝きのある麦藁色
【香り】グレープフルーツ、クルミ
【相性のよい料理】小海老の串揚げ、タケノコの春巻き、レンコンサラダなど
【飲み頃温度】6~8℃

発売日:2015年7月1日(水)~出荷開始。
※日本国内30,000本限定発売(なくなり次第販売終了)

江戸末期(1847年)創業のオーストラリアを代表するワイナリーで、常に豊かな日本の文化に尊敬の念を抱いていた「ジェイコブス・クリーク」は、これまで、“和食がもっと美味しくなるワイン”をコンセプトに和食の老舗料理人とコラボレートした「ジェイコブス・クリーク わ」シリーズを発売してきました。
こうした背景から、日本の夏の風物詩で、世界的にも評価の高い日本の “花火”をスパークリングワインで表現できないかと考え、『ジェイコブス・クリーク かぎや』の開発に至りました。
このユニークなスパークリングワインを実現するために「ジェイコブス・クリーク」がコラボレートしたのは、1659年に創業し356年続く花火の老舗「鍵屋」。
花火が打ち上がる時の「かぎや~」というかけ声は、この「鍵屋」が由来で、江戸時代から現代まで日本の花火業界をリードし続けています。
鍵屋十五代目の女性花火師、天野安喜子氏の協力のもと、夜空に弾ける“花火”にスパークリングワインの炭酸の刺激を重ね合わせ、『ジェイコブス・クリーク かぎや』が生まれました。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
<『ジェイコブス・クリーク かぎや』エンドーサー 鍵屋十五代目 天野安喜子氏>
1659年に日本橋横山町で創業して以来、356年間にわたって伝統を守り続ける宗家花火「鍵屋」の十五代目、女性花火師。
「鍵屋」は、日本文化としての伝統を重んじながら、今の時代にもあった世界に誇れる花火の質の高さにこだわり、多くの花火大会を手掛けています。
天野安喜子氏は花火師としての顔の他、柔道国際審判員(柔道六段)、芸術学博士としても活躍。

江戸時代の川柳に「花火屋は何れも稲荷の氏子なり」という一句があり、「鍵屋」の屋号、守護神であるお稲荷さんの狐が、一方は[鍵]をくわえ、もう一方は[玉]をくわえていたことから由来。「鍵屋」の七代目が番頭の清七に暖簾分けする際、玉屋の屋号を与えたのも、もう一方のお稲荷さんがくわえていた玉にあやかるようにとの意図でした。それ以降、両国の川開きでは鍵屋、玉屋が競演し、見事な花火に歓喜した江戸の人々から「かぎや~」「たまや~」とかけ声があがりました。
~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

“ジェイコブス・クリーク「かぎや」”は、ボトルデザインにもこだわっています。めずらしい前開きラベルを採用し、左側には商品名、右側には華やかな花火のデザインと限定マーク、左と右を繋ぐブランドロゴは扇形...と、和テイストで品のある美しいデザインに仕上がっています。

JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 05 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 06 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 07 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 08 JACOB'S CREEK(ジェイコブス・クリーク)「かぎや」 09






グラスに注いでみると、輝きのある麦藁色。想像していたよりも濃い色です。泡立ちは花火のように潔い感じでしょうか。
以前いただいたことがある“ジェイコブス・クリーク「わ」”は、端正で、しっかりした、まるでサムライのような印象。こちら「かぎや」は、色からも想像できる通り、果実味に溢れ、夏がぎゅっと詰まった感じ。ドライというよりフルーティーな印象です。
花火の弾ける美しさ、多彩な色彩、煌びやかさを、スパークリングワインの香りや喉越し、味わいで表現しています。
壮快な刺激の中に繊細さを併せ持つ多彩な味わいは、まさに“飲む花火”。お料理とのマリアージュを楽しめるだけでなく、しっかり主役となれるスパークリングです。

真夏の夜、時に友人たちとワイワイ賑やかに、時にしっとり、花火でも楽しみながら...
夏にいただきたい泡モノ、夏だけの特別な泡モノ、見つけました。

2015.07.23 16:49 | ワイン | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/299-b777aa8e

| ホーム |