大山「お盆の大献灯 和傘灯り」

大山「お盆の大献灯 和傘灯り」 01 大山「お盆の大献灯 和傘灯り」 02
涼をもとめて、大山「お盆の大献灯 和傘灯り」を観に行ってきました。
3年前のこの時期、大山(daisen)下山キャンプ場でキャンプをした時に出合った素敵なイベント。その時の、のんびりイメージをもって出かけたら...行列ができるほどの大盛況で、ビックリ!
今年から有料(300円)となったものの、以前よりパワーアップしていて、やさしい和のともしびに心癒されました。

大山「お盆の大献灯 和傘灯り」 03
☆お盆の大献灯...
かつては火の神岳とも呼ばれ、霊山として有名な国立公園大山では、旅館や温泉施設の並ぶ参道や道々に、お盆の3日間だけ灯りがともります。
当日は、大神山神社奥宮へと続く古の参道に本物(レプリカではない)の和傘「大山傘」が総数100本余り。山陰の風景をイメージして職人の手作業によって創り出されたその作品一本一本が雅な明かりを放ち、参道をやさしく浮かび上がらせます。

【期間】2016年8月11日・12日・13日(和傘演出あり。)、14日・15日(和傘演出なし。昼は法要、夜はろうそく・絵とうろうのみ。)
【点灯時間】午後7時30分~午後9時30分(最終入場)
【料金】中学生以上、一人300円(入場チケットには、11日~13日、大山御幸参道の飲食加盟店で利用できる100円券が付いています。)
【場所】鳥取県西伯郡大山町大山(大山寺参道付近)

※注意点:大山寺・神社参道への入り口は、各日17時より機材設営のため入場が制限されます。なお、日本一長い自然石の石畳です。歩きやすい靴でお出かけください。「歩きスマホ」にもご注意ください。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
<大山傘の生まれた背景と、その魅力>

大山「お盆の大献灯 和傘灯り」 04
実は、鳥取県大山の麓には、「淀江傘」と呼ばれる傘つくりの大きな産地がありましたが、今ではどんどんとその文化は失われつつあります。
お盆の大献灯で灯りにする傘は、地元在住の職人「和傘工房初音」による、ひとつひとつがオーダーメイドの贅沢な和傘。
神社参道~大山寺本堂を照らすその傘灯りは、厳かにゆらめく、鮮やかで神秘的な美しさとなります。
その傘のモチーフとなったのは、地元に暮らす皆が大好きな、大山の風景や一瞬が魅せる絶景。
地元に暮らす写真家が撮影した、「大山をとりまく24時間」を表現しています。
大山傘たちが一斉に花開く様子は、地元自慢の風景を灯りにして、「夜でも見てもらえる一つの風景」でもあります。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

[番外編]スターバックスコーヒー米子TSUTAYA角盤町店

スターバックスコーヒー米子TSUTAYA角盤町店 01 スターバックスコーヒー米子TSUTAYA角盤町店 02
2015年12月6日、鳥取県内2号店として鳥取県米子市にオープンした「スターバックスコーヒー米子TSUTAYA角盤町店」。
店内には「淀江傘」をモチーフとしたアート作品が飾られています。

Book&Cafeスタイルが中国地方の店舗で初めて採用され、山陰最大級の広くゆったりした店内(カウンター席)からは、雄大な大山を望むことができます。
無料の駐車場も完備されているので、山陰観光の際に立ち寄ってみてはいかがですか。

2016.08.13 14:25 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/348-29682a7f

| ホーム |