10月1日は「コーヒーの日」

金木犀(キンモクセイ)
大好きな金木犀の香りに、秋の訪れを感じます。
今年は、「空気も澄んで、爽やかで…」といかないのが残念なところ。でも着実に、季節は移り変わっていっています。

今日から10月。残すところ、今年もあと3ヶ月。。。
今朝知ったのですが、10月1日は「コーヒーの日」だそうです。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
10月1日は「コーヒーの日」
国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月で、この日がコーヒーの年度始めとなります。さらに、日本では、秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから、1983年に、全日本コーヒー協会によって、10月1日が「コーヒーの日」と定められました。
~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

タリーズコーヒー「コスタリカ マイクロロットビーンズ」 01
そんなこととは露知らず、昨夜と今朝は、タリーズのコーヒーをハンドドリップでいれていただきました。
ハッピービーンズデーの昨日、夫が買ってきたビーンズは、9月16日(金)から発売になった、完熟赤実100%「コスタリカ マイクロロット」。

“マイクロロットプロジェクト”は、コスタリカの中でも品質の高いコーヒー生産をしているドータ農協のコーヒー豆から、さらに細かく選び抜き、際立った特徴を持つコーヒーを作り出すことを目的とした取組みです。TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)では9年前よりドータ農協と共同でこのプロジェクトに取り組み、コーヒー豆開発担当者が毎年現地に赴いています。
例年、良質な香りと味わいを持つロット(一回の処理単位でつくられたコーヒー)を金賞に選定、それをブレンドして発売されていましたが、今年は全59ロットをカッピングした中から4ロットを金賞に選定し、それぞれをロット別に日本全国4つの地域に分けて、数量限定発売されることになりました。

完熟赤実100%ならではの果実感あふれるジューシーな味わいと、キレの良いすっきり感は全てのロットに共通する特徴ですが、微妙な生産環境の違いにより、商品毎に異なるアロマやフレーバーを持っています。

~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~
COSTA RICA MICROLOT BEANS(コスタリカ マイクロロットビーンズ)
【価格】各1,300円 【内容量】200g(税込) 【生産国】コスタリカ 【エリア】タラスエリア 【農協】ドータ農協 【収穫】手摘み収穫、完熟赤実100%

〔北海道・東北 地域限定〕MICROLOT#1:「Calle Vieja a Copey(カジェ ヴィエハ ア コペイ」...
オレンジやフローラルのようなアロマ、フレーバーが感じられます。弾けるようなすっきり感と厚みのあるボディが強い味わいを生みます。

〔関東 地域限定〕MICROLOT#2:「Calle Copey(カジェ コペイ)」...
カカオやオレンジを思わせるアロマ、柑橘系のフレーバーが感じられます。明るくジューシーな酸味とクリーンな甘みがあり、爽やかな味わいです。

〔東海・関西 地域限定〕MICROLOT#3:「Higueronal(イゲロナル)」...
シトラスやクッキーのようなアロマ、チョコレートのようなフレーバーが感じられます。クリーンで甘みがあり、力強いコクとチョコレートのような後味が特徴です。

〔中四国・九州 地域限定〕MICROLOT#4:「El Vapor(エル ヴァポール)」...
フローラルでシトラスのようなアロマ、明るい酸味となめらかな舌触りが心地よい飲み口です。後味に微かにスパイスのような印象が残ります。

※「コスタリカ マイクロロット」は、金賞の4ロットそれぞれを日本全国4つの地域別に限定販売されていますが、「コーヒーマスター」が在籍する店舗のみ、4種類すべての取扱いがあります。

<マイクロロットプロジェクト>
コスタリカには小規模の生産者が多く、生産者たちは収穫を終えるとコーヒーチェリーを農協へ持ち込みます。通常、集められたコーヒーは農協単位でひとまとめにして出荷されますが、「マイクロロットプロジェクト」では、小さな生産ロット単位で管理し、丁寧に精製・乾燥し、良質なロットに仕上げます。選ばれるコーヒー豆は、単一農園の生産者たちが栽培や収穫、精製までを大切に行ったものであり、トレーサビリティーが整った“生産者の顔が見えるコーヒー”と言えます。
~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~

タリーズコーヒー「コスタリカ マイクロロットビーンズ」 02
4種類の内、我が家が最初にいただいたのは、中四国・九州 地域限定ビーンズ「El Vapor(エル ヴァポール)」。
ハンドドリップでいれて、いただいた第一印象は、完熟赤実100%を感じさせる“濃厚なコク”。いれたてはさほど感じない酸味が、時間の経過とともに現れ、際立ってきます。
ハチミツを入れてみると、コクが抑えられ、最初から酸味を鮮明に感じます。

タリーズコーヒー「コスタリカ マイクロロットビーンズ」 03
コンビニで買って冷蔵庫に入れていた、kiri(キリ)クリームチーズを使用した『チーズ好きのためのチーズケーキ~夏季限定シチリア産レモン~(Yamazaki)』と一緒にいただいてみました。
チーズスフレ+チーズクリーム+ベイクドチーズという3つの味わいにシチリア産レモンが加わったチーズケーキとのペアリングは、予想通りGood!お手頃Sweetsですが、コクと酸味のバランスが、このコーヒーと合っているように感じました。

「コスタリカ マイクロロットビーンズ」の残りは、あと3種類。その他、9月30日(金)に発売になった、アラビカコーヒー発祥の地といわれるエチオピアで、自然のまま、時間をかけて育てられたコーヒー「エチオピアモカ G1ゲラ」も気になるし。
秋のコーヒーブレイクにいただいてみたい、気になるビーンズが次々発売されています。

2016.10.01 15:21 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/356-8fd76c44

| ホーム |