STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017

昨日、スターバックスの季節限定コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」を、夫婦で受講してきました。
今回は、毎月50人に抽選で当たる「コーヒーセミナーご招待 Starbucks eTicket」を利用してのコーヒーセミナー。昨年の私に続いて、先月夫が当選し送られてきた Coffee Seminar Invitation チケットを、このセミナー受講に使おうと決めていました。またも一人分の参加費用が浮いて、とってもお得な気分♪

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_01 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_02
20分ほど早く着いたら、待ち時間に「コールドブリュー コーヒー」を、その後セミナーのWelcome drinkとして、6月23日(金)に新登場のビバレッジ「チョコレート ケーキ トップ フラペチーノ with コーヒーショット」を出していただきました。
テーブルには、一人ずつ異なる、イラスト入りのメッセージカードが置かれていて。ファシリテーターの気配りを感じました。

募集人数8名のはずが、参加者は全部で10名。(男性2名、女性8名)
そして、メインファシリテーター・サブファシリテーター・サブサブファシリテーター(3名)が全員男性(イケメン?)という、大人数のセミナーとなりました。

まずは、ファシリテーターが好きなアイスコーヒーの飲み方を紹介。
コーヒーの基礎知識は、ETHICAL COFFEE QUIZ(エシカルコーヒークイズ)をはさみながら進んでいきました。

【おいしいいれ方 アイスコーヒー編】 2時間 ¥3,000(税抜) ※ビーンズカードの押印対象
アイスコーヒーの比較テイスティングや、おいしくいれるためのポイントである「急冷」を、実際にコーヒーをいれながら体験します。また、フードと風味を合わせたフードペアリンクも楽しめます。

<コース内容>

1)コーヒーの木から一杯のコーヒーまで
コーヒーは三大生産地(ラテンアメリカ、アフリカ、アジア/太平洋)と言われる、世界の3つのエリアで主に生産されています。
各生産地の風味の違い、そしてコーヒー豆の焙煎についての話、アイスコーヒーの比較テイスティングを行います。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_03 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_04
●3種類のビーンズの比較

☆ライトノート ブレンド...ソフトなココアと、軽く煎ったナッツの繊細なニュアンスが穏やかに感じられるコーヒー。
ソフトなココアと、軽く煎ったナッツが豊かに香る、軽めのコクに程よい酸味が特徴。穏やかで親しみやすいコーヒーです。[STARBUCKS BLONDE ROAST]

☆ケニア...グレープフルーツ、ブラックカラントの風味が特徴。
他の生産地ではなかなか味わえない、グレープフルーツやブラックカラントの風味に鮮やかでジューシーな酸味が重なる刺激的でエキゾチックな味わいです。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

☆フェアトレードイタリアンロースト...カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味のコーヒー。
カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味が特徴。甘味と力強さが際立つ、スターバックスを代表するダーク ローストコーヒーです。[STARBUCKS DARK ROAST]

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_05
●3種類のアイスコーヒーの比較テイスティング

☆コロンビア...ナッツを感じさせる風味が特徴のすっきりとしたバランスのとれたコーヒー。
ナッツを感じさせる風味が特徴のすっきりとしたバランスのとれたコーヒー。秘峰アンデス山脈の高地で栽培されたコーヒーです。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

☆スターバックス カティ カティ ブレンド...ホットでもアイスでも楽しめる、ほどよいコクのある東アフリカ産のブレンドコーヒー。
シトラスやほのかなスパイスの風味、フローラルの香りと鮮やかな酸味のバランスが印象的な、東アフリカ産のブレンドコーヒーです。ホットでもアイスでも楽しめます。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

「KATI KATI」は東アフリカの共通語であるスワヒリ語で「~の間に」という意味で、このコーヒーの生産国が東アフリカのケニアとエチオピアの2カ国であるということ、また、ケニア産コーヒーのシトラスやスパイス感とエチオピア産コーヒーのフローラルな香りと鮮やかな酸味のバランスの良さがこのコーヒーを特徴づけていることを表しています。

パッケージのデザインは、東アフリカに繁茂しているいきいきとした植物を表現しています。

☆フェアトレード イタリアン ロースト...カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味のコーヒー。
カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味が特徴。甘味と力強さが際立つ、スターバックスを代表するダーク ローストコーヒーです。[STARBUCKS DARK ROAST]

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_06 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_07
2)4つの基本と抽出方法
コーヒーをおいしくいれる4つの基本に加えて、アイスコーヒーをおいしくいれるポイントを、ファシリテーターのデモンストレーションを見ながら学習します。

ビーンズは、SEASONAL FAVORITES「スターバックス アイスコーヒー ブレンド」。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_08
☆スターバックス アイスコーヒー ブレンド...アイスコーヒーにしたときに香り高い風味が引き出されるようブレンド・ローストされたコーヒー。
ほどよいコクでバランスがよく、さわやかなシトラス感とキャラメルやナッツの風味が特徴のコーヒー。
東アフリカ産とラテンアメリカ産コーヒーを選りすぐり、アイスコーヒーとして香り高い風味が引き出されるよう特別にブレンド・ローストしました。[STARBUCKS MEDIUM ROAST]

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_09
ファシリテーターにいれていただいた急冷のアイスコーヒーと、店舗で14時間かけて抽出している「コールドブリュー コーヒー」とを比較しながらいただきました。
ビーンズが異なるので単純に比較はできませんが、私的には、コールドブリュー コーヒーがいただきやすくて好みでした。

3)アイスコーヒー抽出体験
グラスドリップコーヒーメーカーを使いながら、実際にアイスコーヒーを抽出します。

3つのグループ(3人、3人、4人)に分かれて、抽出を体験しました。
同一グループ内で、各々がいれたアイスコーヒーを味比べ。当然ながら、人(いれ方)によってテイストがまったく異なります。比較できるチャンスは貴重です。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_10 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_11
写真は、夫がいれているところ。
土手、なかなかいい感じ?

私はというと、セミナーに向けて3日間の自主練を自宅で行って臨んだので、何とか乗り切ることができました。
セミナーで再確認することって必要ですね。

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_12
ペアリングのフードは「ホワイトチョコレートマカダミアクッキー」。

☆ホワイトチョコレートマカダミアクッキー...ホワイトチョコレートとマカダミアナッツを混ぜ込んだクッキー。
生地のほどよい塩味が、ローストされたマカダミアナッツの風味を引き立て、ゴロッと存在感のあるホワイトチョコレートの甘みと口どけを楽しめる、満足感のあるクッキーです。温めることで、バターの濃厚な香りが広がります。

昨年が「ピーチアールグレイタルト」だったので、今年もケーキを出してもらいたかったぁ。。。(残念)

STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_13 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_14 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_16 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_15 STARBUCKS コーヒーセミナー「おいしいいれ方 アイスコーヒー編」2017_17
お楽しみのお土産はこちら↓

<お土産>
スターバックス カティ カティ ブレンド(100g)とウッドマット。

☆Wood Mat(ウッドマット)
【サイズ】(約)縦12.5cm×横12.5cm×厚さ1cm
【材質】木(ニュージーランドパイン材)
【生産国】日本
※電子レンジ・食器洗い乾燥機 使用不可

変わり種、噂のウッドマット。大切に使おう♪


セミナーとしては、今回初めておじゃました場所。ファシリテーターがオールメンズという、新鮮さがありました。女性以上の気配りにも感動。
セミナー後もスタバあれこれ、おしゃべりが弾み…楽しいひとときを過ごすことができました。
新しい環境で受講するのも、いろいろ刺激になってよいものですね。

2017.06.25 16:24 | My Favorites | トラックバック(0) | コメント(-) |

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/404-44b7f7ac

| ホーム |