映画とスウィーツバフェの休日

映画『VOLVER(ボルベール)』 『VOLVER(ボルベール)』パンフレット
ペドロ・アルモドバル監督の映画『VOLVER(ボルベール=帰郷)』が上映されるのを知り、数年ぶりに、以前会員だった名画劇場会に行ってきました。
独特の世界観と色彩美を放つ彼の作品は、不思議な魅力に満ちていて、とても気になる監督です。最後に観たのは、大好きなガエル・ガルシア・ベルナル主演の『バッド・エデュケーション』でした。
今回の作品は、『オール・アバウト・マイ・マザー』 『トーク・トゥ・ハー』に続く、女性讃歌3部作の最終章ということ。あえて、事前の知識ゼロで観にいきました。
予測のつかないストーリー展開、法的には許されるわけのない結末...なのに、これでよかったと思わせる。まさにアルモドバル“マジック”にかかったような。
シリアスなメッセージを根底に置きながら、サスペンスでもあり、コメディでもあり...。
ストーリー展開が早いので、もう一度観て、もっと細かい部分を理解したいと思いました。

バレンタイン・スウィーツバフェ01 ホワイトチョコレート・ファウンテン バレンタイン・スウィーツバフェ03
ランチをしている時、新聞でバレンタイン・スウィーツバフェの情報を見つけ、急遽映画の後に行ってみることにしました。
到着したのは、残りあと30分という微妙な時間帯。すでにスウィーツを堪能した女性たち(ほんと女性ばかり)を横目に、短時間で様々なスウィーツをいただきました。
マシュマロやパン、パイナップル、メロン、バナナにつけていただくホワイトチョコレート・ファウンテンもありました。
短時間で甘いものをたっぷりいただいた反動か...今度は辛いものが欲しくなり、夕食はキムチ鍋となりました。とってもメリハリ?のある1日でした。

2008.02.10 14:42 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/42-d4810186

| ホーム |