リビエラ・マヤ&カンクンの旅[Vol.2]

マロマホテルにて
旅行から帰ってからずっと、すっきりしない天気が続いていました。
今日こそは、スカッと晴れて欲しい!
太陽のエネルギーの違いは、気分や人の性格まで左右するなぁと、そんなことを感じています。
いまだ多少の時差ぼけで、やたら早く目が覚めるのは、現実を受け入れたくないという体の表れかもしれません。
ふと、松尾芭蕉の有名な俳句 “夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡”...なんて言葉が浮かんできます。
使い方まちがっているかもしれませんが、私の今の心象はこんな感じ。

カンクンのウェディング(ル・ブラン)
昨日、写真が出来上がりました。
たくさん撮ったはずなのに、もっと撮っておけばよかったと思っています。
(食の記録?は、たっぷりあります。)

メキシコのカンクンは、ダラス(アメリカ)から2時間半ほどで行けてしまいます。
場所によっては、国内のハワイより近いというわけです。
日本でいうと、韓国みたいなものかな。
リビエラ・マヤからカンクンビーチに移動したのは、ちょうど金曜日。
ちょっとしたレセプションがあったせいもあって、ホテルは想像以上に賑わっていました。
かわって日曜日になると、すっかり静けさを取り戻しました。(個人的にはこちらの方が好きでした。)
考えてみると、2泊3日で、カリブの海へ癒しを求めて(またはメキシコの刺激を求めて)エスケープできてしまうわけです。
日本からは遠くて、しかも旅行費用がかかるし...。やっぱりハネムーンで訪れる“特別な場所”になってしまうんですね。
もちろん、あちらでも、ホテルではウェディングが行われていました。
滞在中、ビーチやプールサイドで様々なパーティも行われていたし。

私たちが泊まったホテルは何れも年齢制限がありますが、そうでないホテルもたくさんあります。
カリブ海が、ファミリーで気軽にショート・トリップできるくらい近かったら...。

またマイレージ貯めなきゃ!と、帰国早々、さっそく思いはじめています。

2008.05.15 07:37 | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) |

コメント一覧

いやぁ、素敵な写真ですね。ホントにそういう所に行って心が洗われてみたいものです。写真はいざ現像してみると少ない気がするものです。コンデジも1台いるかもしれません。とにかく気軽にばかすか撮れます。防水タイプもあるので海なんかも全く気になりません。スキーなんかにも持って行きますよ。
フィルムだと現像して出来上がってくる時の楽しみは良いですけどね。あと、質感も好きですね。
あ~でもコンデジでもRAWで撮れるのあるのかな? 風景写真なんかだと自分でRAW現像すると素敵な写真に仕上がるんじゃないかと思います。DELLノートもあるわけですしね。

2008.05.16 09:51 URL | trapemiya #- [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/53-aa7f4b44

| ホーム |