今夜のワインは“フレシータ”

エアメールfromオーストラリア
今日、オーストラリアの友達から、エアメールが届きました。
休暇を取って、夫婦で旅に出かけたようです。
チープなバスツアーを利用して、オーストラリア北部をまわったとのこと。
アウトドアの食事、テントで眠り、毎日たくさん歩いて...。
壮大かつハードな旅だったようです。
彼女らしい、そしてオーストラリアらしいワイルドな旅。
エアメールを見て、こちらまでワクワク。嬉しい気持ちになりました。

フレシータ01 フレシータ02
今夜はこれから、友達の家でホームパーティです。
パーティのために選んだワインは、チリ産の“Fresita”。
パタゴニアの手摘み苺の果肉が入ったスパークリングワイン。
Fresita with FRESH STRAWBERRIES/CHILE+PATAGONIA(フレシータ 苺果肉入り/チリ+パタゴニア)
ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、ソーヴィニヨン・グリの3品種から作られたスパークリングワインに、100%ナチュラルの苺の果汁&果肉をブレンドした、とってもめずらしいワインです。

パリの三ツ星レストランでは、シャンパンと割ってアペリティフとして使用されたこともあるらしく...。
シャンパン&ストロベリーというと、映画「プリティ・ウーマン」のワンシーンを思い出しますが、映画同様、ロマンティックで華やかなイメージを抱きます。
飲む前から楽しませてくれるワインって、そうないですね。

2008.05.30 17:36 | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/56-6830d2de

| ホーム |