ヤング@ハート

映画『ヤング@ハート』パンフレット





アメリカ、マサチューセッツ州ノーサンプトンの高齢者向け公営住宅ウォルター・サルヴォ・ハウスの住人によって、1982年に結成されたロックンロール・コーラス隊“ヤング@ハート”を追ったドキュメンタリー映画を観ました。
シンガーたちは、平均年齢80歳のおじいちゃんとおばあちゃん!
地元でのコンサートに始まって、1997~2004年にかけてはヨーロッパ、オーストラリア、カナダでも公演を行い、成功を収めるほどの人気ぶり。
ロックンロールを“元気”の源にして、パワフルに生きる(老いる)おじいちゃん&おばあちゃんたちから発せられるエネルギーは半端じゃない!たくさんの元気と勇気とパワーをもらい、若いんだから頑張れ!と励まされているような。

高齢であるということで、映画撮影中にメンバーが亡くなるという悲しい出来事も起こります。
死という現実を見据え発せられる歌声は、魂を揺さぶります。

ジェームズ・ブラウンの「I Feel Good」やアラン・トューサンの「Yes We Can Can」を一生懸命練習する光景に心和み、亡くなったメンバーに捧げるボブ・ディランの「Forever Young」やコールドプレイの「Fix You」に涙し...。

“ヤング@ハート”のおじいちゃん&おばあちゃんたちのように、生きることの歓びを感じ、最期まで生を全うできたなら、なんて素敵だろう。身体は老いても、心はいつまでも若くありたいなと、そんなことを思いました。
閉塞感の漂う中、ハートウォーミングな映画に心癒されました。

2009.01.19 16:44 | エンタテインメント | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://ciaoolive.blog122.fc2.com/tb.php/95-69d3e26b

| ホーム |